>   論語   >   子張第十九   >   17

子張第十九 17 曾子曰吾聞諸夫子章

488(19-17)
曾子曰、吾聞諸夫子。人未有自致也者。必也親喪乎。
そういわく、われこれふうく。ひといまみずかいたものらざるなり。かならずやおやかと。
現代語訳
  • 曽(ソウ)先生 ――「わたしは先生からこうきいた。『人間はなかなかありったけをつくせないものだが…。せめて親の死んだときはね』と。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 曾先生がいわれた。――
    「私は先生がこんなことをいわれたのをきいたことがある。人間が自己の全部を出しきってしまうということは、まずないものだが、せめて親の死を悲しむ時ぐらいは、そうありたいものだ、と」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 曾子 … 姓はそう、名はしんあざな子輿しよ。魯の人。孔子より四十六歳年少の門人。『孝経』を著した。ウィキペディア【曾子】参照。
  • 夫子 … 賢者・先生・年長者を呼ぶ尊称。ここでは孔子の弟子たちが孔子を呼ぶ尊称。
  • 自致 … 自分で究極まで尽くす。
補説
  • 曾子 … 『孔子家語』七十二弟子解に「曾参は南武城の人、あざなは子輿。孔子よりわかきこと四十六歳。志孝道に存す。故に孔子之に因りて以て孝経を作る」(曾參南武城人、字子輿。少孔子四十六歳。志存孝道。故孔子因之以作孝經)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「曾参は南武城の人。字は子輿。孔子より少きこと四十六歳。孔子以為おもえらく能く孝道に通ずと。故に之に業を授け、孝経を作る。魯に死せり」(曾參南武城人。字子輿。少孔子四十六歳。孔子以爲能通孝道。故授之業、作孝經。死於魯)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十