>   論語   >   陽貨第十七   >   21

陽貨第十七 21 宰我問三年之喪章

455(17-21)
宰我問。三年之喪。期已久矣。君子三年不爲禮。禮必壊。三年不爲樂。樂必崩。舊穀既沒。新穀既升。鑚燧改火。期可已矣。子曰。食夫稻。衣夫錦。於女安乎。曰。安。女安則爲之。夫君子之居喪。食旨不甘。聞樂不樂。居處不安。故不爲也。今女安。則爲之。宰我出。子曰。予之不仁也。子生三年。然後免於父母之懷。夫三年之喪。天下之通喪也。予也有三年之愛於其父母乎。
さいう。三年さんねんは、すでひさし。くん三年さんねんれいさざれば、れいかならやぶれん。三年さんねんがくさざれば、がくかならくずれん。旧穀きゅうこくすできて、新穀しんこくすでみのる。すいりてあらたむ。にしてむべし。いわく、いねくらい、にしきる、なんじいてやすきか。いわく、やすし。なんじやすくばすなわこれせ。くんるや、うまきをくらえどもあまからず、がくけどもたのしからず、居処きょしょやすからず。ゆえさざるなり。いまなんじやすくばすなわこれせ。さいづ。いわく、じんなるや。うまれて三年さんねんしかのち父母ふぼふところよりまぬがる。三年さんねんは、てん通喪つうそうなり。父母ふぼ三年さんねんあいらんか。
現代語訳
  • 宰我がたずねる、「三年の喪(も)は、期間が長すぎます。人間が三年も儀式をしないと、儀式がすたりますよ。三年も音楽をやらないと、音楽がくずれますねえ。古ゴメがなくなり、新ゴメができて、火種をとる木も入れかわり、一年たったらもういいですよ。」先生 ――「そのいいコメをくい、いい服をきても、きみは平気なのか。」――「平気です。」「きみが平気ならば、やりたまえ。いったい喪中の人間は、うまい物も味がなく、音楽もおもしろくなく、家にいても落ちつかないから、それでそうしないんだ。だがきみは平気だったら、やるがいい。」宰我は出てゆく。先生 ――「予くんは不人情だなあ。人は生まれて三年たって、ようやく親のふところを離れる。喪中を三年にしたのは、世間ふつうのきまりなんだ。予くんは、親とのあいだに三年の愛情もないのか…。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • さいがたずねた。――
    「父母の喪は三年となっていますが、一年でも結構長過ぎるぐらいではありますまいか。もし君子が三年間も礼を修めなかったら、礼はすたれてしまいましょう。もし三年間もがくに遠ざかったら、がくがくずれてしまいましょう。一年たてば、穀物も古いのは食いつくされて新しいのが出てまいりますし、火を擦り出す木にしましても、四季それぞれの木が一巡して、またもとにもどるわけです。それを思いますと、父母の喪にしましても、一年で十分ではありますまいか」
    先師がいわれた。――
    「お前は、一年たてば、うまい飯をたべ、美しい着物を着ても気がおちつかないというようなことはないのか」
    宰我――
    「かくべつそういうこともございません」
    先師――
    「そうか、お前がなんともなければ、好きなようにするがよかろう。だが、いったい君子というものは、喪中にはご馳走を食べてもうまくないし、音楽をきいてもたのしくないし、また、どんなところにいても気がおちつかないものなのだ。だからこそ、一年で喪を切りあげるようなことをしないのだ。もしお前が、なんともなければ、私は強いてそれをいけないとはいうまい」
    それで宰我はひきさがった。すると先師はほかの門人たちにいわれた。――
    「どうもは不人情な男だ。人間の子は生れて三年たってやっと父母の懐をはなれる。だから、三年間父母の喪に服するのは天下の定例になっている。いったいは三年間の父母の愛をうけなかったとでもいうのだろうか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 宰我 … 前522~前458(一説に前489)。姓は宰、名は予、あざなは子我。孔門十哲のひとり。魯の人。「言語には宰我・子貢」と評され、弁舌にすぐれていた。後に斉のりんの大夫となった。ウィキペディア【宰我】参照。
補説
  • 宰我 … 『孔子家語』七十二弟子解に「宰予は、あざなは子我、ひと口才こうさい有りて名を著す」(宰予、字子我、魯人。有口才著名)とある。口才は、弁舌の才能に優れていること。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「宰予、字は子我。利口べんなり」(宰予字子我。利口辯辭)とある。弁辞は、弁舌に長けていること。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 食夫稻 … 『義疏』では「食夫稻也」に作る。
  • 衣夫錦 … 『義疏』では「衣夫錦也」に作る。
  • 於女安乎 … 『義疏』では「於汝安乎」に作る。
  • 女安則爲之 … 『義疏』では「曰汝安則爲之」に作る。
  • 天下之通喪也 … 『史記』仲尼弟子列伝では「天下之通義也」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十