>   論語   >   陽貨第十七   >   15

陽貨第十七 15 子曰鄙夫可與事君也與哉章

449(17-15)
子曰。鄙夫可與事君也與哉。其未得之也。患得之。既得之。患失之。苟患失之。無所不至矣。
いわく、鄙夫ひふともきみつかうべけんや。いまこれざるや、これんことをうれう。すでこれれば、これうしなわんことをうれう。いやしくもこれうしなわんことをうれうれば、いたらざるところし。
現代語訳
  • 先生 ――「下劣な男といっしょに宮づかえができるだろうかね。地位を得ないうちは、得ようとしてあせる。地位を得たとなると、失うまいとしてあせる。地位を失わないためとあれば、どんなことでもやるんだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「心事の陋劣な人とは、とうていいっしょに君に仕えることができない。そういう人は、まだ地位を得ないうちは、それを得たいとあせるし、いったんそれを得ると、それを失うまいとあせるし、そして、それを失うまいとあせり出すと、今度はどんなことでもしかねないのだから」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 鄙夫 … 心が狭く卑しい人。品性下劣な者。
  • 之 … 富貴権勢等を指す。
  • 無所不至 … どんなことでもしないことはない。何をしでかすかわからない。
補説
  • 鄙夫 … 『集注』に「鄙夫は、庸悪陋劣の称」(鄙夫、庸惡陋劣之稱)とある。
  • 也與 … 『義疏』にはこの字なし。
  • 其未得之也 … 『義疏』に「也」の字なし。
  • 患得之 …『集解』に「之を得んことを患うとは、之を得ること能わざることを患うるなり、楚の俗言なり」(患得之者、患不能得之、楚俗言)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十