>   論語   >   子張第十九   >   5

子張第十九 5 子夏曰日知其所亡章

476(19-05)
子夏曰、日知其所亡、月無忘其所能、可謂好學也已矣。
子夏しかいわく、ところり、つきくするところわするることきは、がくこのむとうべきのみ。
現代語訳
  • 子夏 ――「日ごとにたりないところを知り、月ごとに取りえを見うしなわねば、学問ずきといえるだろうな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子夏がいった。――
    「日ごとに自分のまだ知らないことを知り、月ごとに、すでに知り得たことを忘れないようにつとめる。そういう心がけであってこそ、真に学問を好むといえるだろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子夏 … 前507?~前420?。姓はぼく、名は商、あざなは子夏。衛の人。孔子より四十四歳年少。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子游とともに文章・学問に優れていた。ウィキペディア【子夏】参照。
  • 日 … 毎日。日ごとに。
  • 所亡 … まだ自分の知らないこと。
  • 月 … 毎月。月ごとに。
  • 所能 … すでに自分が知り得たこと。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十