>   論語   >   先進第十一   >   6

先進第十一 6 季康子問弟子孰爲好學章

259(11-06)
季康子問。弟子孰爲好學。孔子對曰。有顏回者好學。不幸短命死矣。今也則亡。
こうう、ていたれがくこのむとす。こうこたえていわく、顔回がんかいなるものり、がくこのめり。こう短命たんめいにしてせり。いますなわし。
現代語訳
  • (家老の)季康さんがきく ―― 「お弟子でだれが学問ずきです…。」孔先生の答え ―― 「顔回というのが学問ずきでした。気のどくに若死にしました。いまはもうおりません。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 大夫の季康子がたずねた。――
    「お弟子のうちで、だれが学問の好きな人でしょう」
    先師がこたえられた。――
    「顔回というものがおりまして、学問が好きでございましたが、不幸にして若くて死にました。もうこの世にはおりません」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • この章は「雍也第六2」の前半にほぼ重出。
  • 季康子 … 魯の国の大夫、季孫氏。名は肥、康は諡号。父・季桓子の後を継ぎ、筆頭家老となったのは孔子六十歳頃であったと言われている。ウィキペディア【三桓氏】参照。
  • 弟子 … 「ていし」と読む。でし。門弟。
  • 孰為好学 … 「たれがくこのむとす」と読む。「す」は「みなす、思う」の意。「誰を学問好きと思いますか」と訳す。
  • 対曰 … 目上の人に答えるときに用いる。
  • 顔回 … 前521~前490。孔子の第一の弟子。姓は顔、名は回。あざなえんであるので顔淵とも呼ばれた。の人。徳行第一といわれた。孔子より三十歳年少。早世し孔子を大いに嘆かせた。ウィキペディア【顔回】参照。
  • 有顔回者 … 「顔回がんかいなるものり」と読む。「有~者」は、「~なるものあり」と読み、「~という人がいて」と訳す。
  • 不幸短命死矣 … 「こう短命たんめいにしてせり」と読む。「不幸にも短命で死んでしまいました」と訳す。「矣」は文末につけて断定をあらわす。訓読しない。
  • 今也則亡 … 「いますなわし」と読み、「今はもうこの世におりません」と訳す。「也」は「や」と読み、「~は」と訳す。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十