>   論語   >   陽貨第十七   >   22

陽貨第十七 22 子曰飽食終日章

456(17-22)
子曰。飽食終日。無所用心。難矣哉。不有博奕者乎。爲之猶賢乎已。
わく、飽食ほうしょくしゅうじつこころもちうるところきは、かたいかな。博奕ばくえきなるものらずや。これすはむにまされり。
  • 飽食 … 腹いっぱい食べること。
  • 終日 … 朝から晩まで。一日じゅう。
  • 無所用心 … 何も考えない。ぼんやりしている。
  • 難矣哉 … 困ったものだなあ。しようがないなあ。
  • 矣哉 … 「(なる)かな」と読み、「~だなあ」「~であることよ」と訳す。感嘆の意を示す。「矣」「矣夫」「矣乎」も同じ。
  • 博奕 … 「博」は双六すごろく。「奕」は囲碁。ここでは「ばくち」の意ではない。『集注』には「博は、きょくなり。弈は、囲棋いきなり」(博、局戲也。弈、圍棋也)とある。「局戯」は局面に向かって行う勝負事。「囲棋」は「囲碁」と同じ。
  • 之 … 博奕を指す。
  • 賢乎已 … 何もしないよりはましだ。「已」は「止」と同じ。『集注』には「已は、止なり」(已、止也)とある。「乎」は比較の意を示す前置詞で「~よりも」の意。「賢」は、勝る。
  • 『集解』に引く馬融の注には「其の拠って楽しむ所無く、善く淫欲を生ずるが為なり」(爲其無所據樂、善生淫欲)とある。
  • 『集注』に引く李郁の注には「聖人は人に博奕を教うるに非ざるなり。甚だしく心を用うる所無きことの不可なるを言う所以なるのみ」(聖人非教人博奕也。所以甚言無所用心之不可爾)とある。
  • 伊藤仁斎は「此れ心を用いざるの甚だ不可なることを言うなり。博奕を取るに非ざるなり。孟子曰わく、飽くまで食らい煖かに、逸居して教え無ければ、則ち禽獣に近し、と。亦た心を用いる所無きを以て、之を禽獣に比せるなり」(此言不用心之甚不可也。非取博奕也。孟子曰、飽食煖衣、逸居而無教、則近於禽獸。亦以無所用心、比之禽獸也)と言っている。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「余を以て之を観るに、博奕は猶お静坐けいする者にまさるのみ」(以余觀之。博奕猶勝於靜坐持敬者已)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 穂積重遠しげとお(1883~1951)は「終日腹いっぱいたべてただぶらぶらしており、なんにも心を働かせないのも困ったものだ。双六すごろくとかとかいうものがあるではないか。あんなひまつぶしのしょうごとでも、何もしないよりはましじゃ」と訳している(新訳論語)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。たらふく食ってばかりいて、終日ぼんやりしている人間ほど始末におえない人間はない。双六すごろくとか碁とかいうものもあるではないか。そんなつまらん遊びごとでも、何もしないよりは、まだしも取柄があるよ」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十