>   論語   >   陽貨第十七   >   20

陽貨第十七 20 孺悲欲見孔子章

454(17-20)
孺悲欲見孔子。孔子辭以疾。將命者出戸。取瑟而歌。使之聞之。
じゅこうまみえんとほっす。こうするにしつもってす。めいおこなものづ。しつりてうたい、これをしてこれかしむ。
現代語訳
  • 孺(ジュ)悲が孔先生に会いにきた。孔先生は病気といってことわる。取りつぎの者が戸口を出ると、先生は琴をひいて歌をうたい、客にきこえよがしにした。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • じゅが先師に面会をもとめた。先師は病気だといって会われなかったが、取次の人がそれをつたえるために部屋を出ると、すぐしつを取りあげ、歌をうたって、わざと孺悲にそれがきこえるようにされた。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 孺悲 … 魯の人。どういう人物かは不明。
補説
  • 辞以疾 … 『義疏』では「辞之以疾」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十