>   論語   >   憲問第十四   >   43

憲問第十四 43 子張曰書云章

375(14-43)
子張曰。書云。高宗諒陰三年不言。何謂也。子曰。何必高宗。古之人皆然。君薨。百官緫己。以聽於冢宰三年。
ちょういわく、しょう、高宗こうそうりょうあん三年さんねんものいわずと。なんいぞや。いわく、なんかならずしも高宗こうそうのみならん。いにしえひとみなしかり。きみこうずれば、ひゃっかんおのれべて、もっちょうさいくこと三年さんねんなり。
現代語訳
  • 子張がいう、――「書経に、『高宗は父の喪中、三年無言』とあります。どういうことでしょう…。」先生 ――「高宗にかぎったことはない。昔の人は、みなそうだった。王さまがかくれると、役人は事務を整理して、総理大臣の命令を三年きいていたから。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ちょうが、「『書経』に『高宗諒陰三年言わず』とありますが、どういうわけでありますか。三年のちゅうであっても、君が全然命令を出さなかったら、国政が動かないではござりますまいか。」とおたずねした。孔子様がおっしゃるよう、「必ずしも高宗のみであろうか。昔の人は皆そうであった。君主が薨去こうきょになると、ひゃっかんは各自の職務を引きめて首相の指揮に従うこと三年であったから、その間君主が喪にあって『三年言わず』でも、国政には差支さしつかえなかったのじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 子張がいった。――
    「書経に、高宗こうそうは服喪中の三年間口をきかなかった、とありますが、どういう意味でございましょうか」
    先師がこたえられた。――
    「それは高宗にかぎったことではない。古人はみなそうだったのだ。君主がおかくれになると、三年の間は、百官はそれぞれの職務をまとめて、すべて首相の指図に従うことになっていたので、あとに立たれた君主は口をきく必要がなかったのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子張 … 前503~?。孔子の弟子。姓は顓孫せんそん、名は師、あざなは子張。陳の人。孔子より四十八歳年少。ウィキペディア【子張】参照。
  • 高宗 … 殷の中興の王、ていの諡。ウィキペディア【武丁】参照。
  • 諒陰 … 天子が喪に服する期間。「陰」は「あん」と読む。諒闇・亮陰・梁闇等とも書く。我が国では諒闇を用いている。
  • 三年 … 父母の喪に服する期間。ただし、三年とは三年間ではなく、三年目までの期間を指す。
  • 不言 … 政治的発言をしない。ここでは「ものいわず」と読むが、単に「わず」と読んでいるテキストもある。
  • 謂 … ~という意味。
  • 何 … 「なんぞ~ん(や)」と読み、「どうして~であろうか(いや~ではない)」と訳す。反語の意を示す。
  • 百官 … 多くの役人。
  • 冢宰 … 周代の官名。天子を助け、百官を率いる。今の首相にあたる。大宰たいさいともいう。
補説
  • 書 … 『書経』周書、無逸篇に「其れ高宗に在っては、まことひさしく外に労して、ここに小人とともにす。其の位にくにおよんで、乃ちまたりょうあん三年、ものいわず」(其在高宗、時舊勞于外、爰暨小人。作其即位、乃或亮陰三年、不言)とある。
  • 三年 … 『春秋公羊伝』には「三年の喪、実に二十五月なるを以てなり」(三年之喪、實以二十五月)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十