>   論語   >   陽貨第十七   >   17

陽貨第十七 17 子曰巧言令色章

451(17-17)
子曰、巧言令色、鮮矣仁。
いわく、巧言こうげんれいしょくすくなじん
現代語訳
  • 先生 ――「おせじや見せかけには、ろくなものはない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「ごきげんとりにろくな人間はいない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 学而第一3」に重出。
  • 子 … 先生。男子の尊称。ここでは孔子を指す。
  • 巧言令色 … 言葉を巧みに飾り、うわべだけ愛想をよくして、うまく取りつくろうこと。
  • 鮮矣仁 … ここでは昔から読み慣わされている「すくなじん」という読みを採用した。「矣」は「かな」と読んだ場合、「すくないかなじん」と訓読する。
補説
  • この章句と正反対の意味をもつ章句に「子路第十三27」がある。
  • 巧言 … 『詩経』小雅・雨無正の詩に「巧言流るるが如し、をしてやすきにむ」(巧言如流、俾躬處休)とある。ウィキソース「詩經/雨無正」参照。また小雅・巧言の詩に「巧言はこうの如し、顔の厚きなり」(巧言如簧、顏之厚矣)とある。簧は、吹奏楽器の舌。リード。ウィキソース「詩經/巧言」参照。
  • 令色 … 『詩経』大雅・烝民の詩に「令儀令色あり、小心翼翼たり」(令儀令色、小心翼翼)とある。ウィキソース「詩經/烝民」参照。
  • 『集解』に引く王粛の注に「巧言実無く、令色質無し」(巧言無實、令色無質)とある。
  • 『注疏』には「此の章は学而篇と同じ。弟子各〻聞く所を記す。故に重ねて之を出だす」(此章與學而篇同。弟子各記所聞。故重出之)とある。『論語注疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『義疏』にはこの章なし。
  • 『集注』には重出のため、この章の注なし。
  • 伊藤仁斎『論語古義』には重出のため、この章の注なし。
  • 荻生徂徠『論語徴』には重出のため、この章の注なし。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十