>   論語   >   学而第一   >   3

学而第一 3 子曰巧言令色章

003(01-03)
子曰。巧言令色。鮮矣仁。
わく、巧言こうげん令色れいしょくすくないかなじん
  • 陽貨第十七17」に重出。
  • 子 … 先生。男子の尊称。ここでは孔子を指す。
  • 鮮矣仁 … 「矣」は「かな」と読む。また、「かな」と読まない場合は「すくなじん」と訓読する。こちらの方が昔から読み慣らわされている。『義疏』では「鮮矣有仁」に作る。
  • 巧言令色 … 言葉を巧みに飾り、うわべだけ愛想をよくして、うまく取りつくろうこと。『集注』には「巧は、好くす。令は、善くするなり。其の言を好くし、其の色を善くし、飾を外に致し、務めて以て人を悦ばせば、則ち人欲肆ほしいままにして、本心の徳亡ぶ」(巧、好。令、善也。好其言、善其色、致飾於外、務以悦人、則人欲肆而本心之德亡矣)とある。
  • 子路第十三27」と照応している。
  • 穂積重遠しげとお(1883~1951)は「孔子様がおっしゃるよう、口前くちまえが上手で顔付かおつきをかざる人には、信実心がすくないものぞ」と訳している(新訳論語)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。巧みな言葉、媚びるような表情、そうした技巧には、仁の影がうすい」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十