>   論語   >   陽貨第十七   >   16

陽貨第十七 16 子曰古者民有三疾章

450(17-16)
子曰。古者民有三疾。今也或是之亡也。古之狂也肆。今之狂也蕩。古之矜也廉。今之矜也忿戻。古之愚也直。今之愚也詐而已矣。
わく、いにしえたみ三疾さんしつり。いまあるいはこれきなり。いにしえきょういまきょうとうなり。いにしえきょうれんいまきょう忿戻ふんれいなり。いにしえちょくいまいつわりのみ。
現代語訳
  • 先生 ――「昔は人民に三つのクセがあったが、いまはもうそんなものもないだろう。昔の理想家は大らかだったが、いまの理想家は取りとめがない。昔の主義者は取っつきにくいだけだったが、いまの主義者はケンカずきだ。昔の無法者は単純だったが、いまの無法者は手がこんでいる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「昔の人にきょうきょうの三へきがあったが、そのくせさえも今ではらくしてしまった。狂はぐらいが高過ぎることで、昔の狂はしょうせつ拘泥こうでいせぬ程度だったが、今の狂はでたらめである。矜はおのれをすることがげんに過ぎることで、昔の矜は物事にかどが立つのだったが、今の矜はごうじょうまんである。愚はすなわちばかだが、昔の愚はばか正直であり、今の愚はばかずるいのじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「昔の人に憂うべきことが三つあったが、今はその憂うべきことを通りこして、全く救いがたいものになっているらしい。昔の理想狂の弊は、自由奔放で小事にこだわらない程度であった。しかるに今の理想狂はいたずらに放縦である。昔、ほこりをもっておのれを高くした人々の弊は、廉直に過ぎて寄りつきにくい程度であった。しかるに今のそうした人々は強情でひねくれている。昔の愚か者は正直であった。しかるに今の愚か者はずるくて安心ができない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 古者 … 「いにしえは」と読み、「昔は」と訳す。「者」は「~は」と読む場合と、読みを省略して二字で「古者いにしえ」と読む場合とがある。「昔者」と同じ。
  • 民 … 人民。人々。
  • 三疾 … 三つの欠点。三つのクセ。三つとは、きょうきょうを指す。
  • 或 … ひょっとしたら。
  • 狂 … 熱狂者。情熱家。理想家。狂信者。
  • 肆 … ほしいままにする。自由奔放。
  • 蕩 … でたらめで、取り止めがない。しまりがない。放縦。
  • 矜 … 自信家。自尊心の強い人。威張る人。独善的な人。
  • 廉 … 廉潔。折り目が正しい。角立っている。圭角がある。
  • 忿戻 … 怒って人と争う。喧嘩早い。
  • 愚 … 愚か者。
  • 直 … 正直。
  • 詐 … ずる賢い。嘘つき。
余説
  • 古者民有三疾 … 『集解』に引く包咸の注には「言うこころは古者いにしえの民の疾、今時と異なれり、と」(言古者民疾與今時異)とある。
  • 古者民有三疾。今也或是之亡也 … 『集注』には「気其の平を失えば則ち疾と為る。故に気稟の偏なる者も、亦た之を疾と謂う。昔の所謂疾は、今は亦た之無し。俗の益〻衰えたるを傷むなり」(氣失其平則爲疾。故氣稟之偏者、亦謂之疾。昔所謂疾、今亦無之。傷俗之益衰也)とある。
  • 古之狂也肆 … 『集解』に引く包咸の注には「肆は、意を極めて敢えて言うなり」(肆、極意敢言)とある。
  • 今之狂也蕩 … 『集解』に引く孔安国の注には「蕩は、拠る所無きなり」(蕩、無所據)とある。
  • 古之矜也廉 … 『集解』に引く馬融の注には「廉隅有るなり」(有廉隅)とある。
  • 今之矜也忿戻 … 『集解』に引く孔安国の注には「理を悪めば多く怒るなり」(惡理多怒)とある。
  • 古之狂也肆~今之愚也詐而已矣 … 『集注』には「狂とは、志願はなはだ高し。肆は、小節に拘わらざるを謂う。蕩なれば則ち大閑をゆ。矜とは、持守すること太だ厳。廉は、稜角のしょうれいなるを謂う。忿戻なれば、則ち争うに至る。愚とは、暗昧にして明らかならず。直は、径行して自ら遂ぐるを謂う。詐なれば、則ち私を挟み妄作す。范氏曰わく、末世は滋〻ますます偽る。豈に惟だ賢者の古に如かざるのみならんや。民性の蔽も、亦た古人と異なる、と」(狂者、志願太高。肆、謂不拘小節。蕩則踰大閑矣。矜者、持守太嚴。廉、謂稜角峭厲。忿戻、則至於爭矣。愚者、暗昧不明。直、謂徑行自遂。詐、則挾私妄作矣。范氏曰、末世滋偽。豈惟賢者不如古哉。民性之蔽、亦與古人異矣)とある。
  • 伊藤仁斎は「時世の変は、実に世道を憂うる者の深く嘆ずる所なり。故に曰わく肆、曰わく廉、曰わく直、皆気質の偏にして、之を疾と謂う。蕩と忿戻と詐とに至りては則ち悪のみ、疾に非ざるなり。蓋し三者の疾たる、猶お此に就きて以て其の俗の淳朴を見るに足れり。後世に至りては、則ち民性悪俗に習いて、斯の疾と雖も、亦無し。此れ風俗の益〻かわりて復た古ならざる所以なり」(時世之變、實憂世道者之所深嘆也。故曰肆、曰廉、曰直、皆氣質之偏、而謂之疾。至於蕩與忿戻與詐則惡而已矣、非疾也。蓋三者之爲疾、猶足就此以見其俗之淳朴。至於後世、則民性習於惡俗、而雖斯疾、亦無。此風俗之所以益渝而不復古也)と言っている。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「或いは是れこれ亡きなり、或とは有なり。亡無は通ず。或いは是れ之亡きなりとは、是れ有ること無きなり。古の狂や肆、包咸ほうかん曰わく、肆は意を極めて敢言するなり、と。此の解は孔安国のみだりに人に抵触すの意に本づく。今の狂や蕩、孔安国曰わく、蕩は拠る所無きなり、と。是れ亦衰えて礼廃するを謂うなり。朱子曰わく、肆は小節にかかわらざるを謂う。蕩なるときは則ち大閑たいかんゆ、と。乃ち子夏の言を誤解する者、子夏に狂者を以て至れりと為さんや。理学の失、名、物に当たらざる者かくの如きかな。古の矜や廉。馬融曰わく、廉隅れんぐう有り、と。是れ廉潔の廉に別かつ。然れども老子の廉なれどもやぶらずの如き、古は唯だ廉隅を謂うのみ。不欲を称して廉と為すは、蓋し後世の言のみ。論語中に不欲と言う者は、即ち後世の廉なり。矜は、きょうそうの矜、美徳なり。未だ以て狂愚の類と為す者有らず。蓋し矜は即ちけん、狷或いはけんに作り、或いは矜に作る。古字通用するのみ。かんかん通用するが如し。蓋し狷は或いは鱞より転用す。老いて妻無きも、亦自ら守ること大いに過ぐる者の為す所なり。今の矜や忿戻、孔安国曰わく、理を悪みて怒り多し、と。理を悪むは、或いは漢時の言、或いはだつ有らん」(或是之亡也。或者有也。亡無通。或是之亡也者。無有是也。古之狂也肆。包咸曰。肆極意敢言。此解本於孔安國妄抵觸人意。今之狂也蕩。孔安國曰。蕩無所據。是亦謂世衰而禮廢也。朱子曰。肆謂不拘小節。蕩則踰大閑矣。乃誤解子夏之言者。子夏豈以狂者爲至哉。理學之失。名不當物者如此夫。古之矜也廉。馬融曰。有廉隅。是別於廉潔之廉。然如老子廉而不劌。古唯謂廉隅耳。稱不欲爲廉。葢後世之言耳。論語中言不欲者。即後世之廉也。矜。本矜莊矜。美德也。未有以爲狂愚之類者矣。葢矜即狷。狷或作獧。或作矜。古字通用耳。如鱞矜通用。葢狷或由鱞轉用。老而無妻。亦自守大過者所爲也。今之矜也忿戻。孔安國曰。惡理多怒。惡理。或漢時言。或有脱悞)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十