>   論語   >   子路第十三   >   27

子路第十三 27 子曰剛毅木訥近仁章

329(13-27)
子曰。剛毅木訥。近仁。
わく、ごうぼくとつじんちかし。
現代語訳
  • 先生 ――「心がかたく、強くて、気どらず、口重いのは、よいたちだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「意志強固・気性勇敢ゆうかん・容態質朴しつぼく・言語もくなのは、仁に近い。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「剛健な意志、毅然たる節操、表裏のない質朴さ、粉飾のない訥々とつとつたる言葉、こうした資質は、最高の徳たる仁に近い徳である」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 剛 … 意志が強い。
  • 毅 … 気性が強い。果敢。
  • 木 … 「朴」に同じ。飾り気がない。
  • 訥 … 口べた。
余説
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十