>   論語   >   衛霊公第十五   >   26

衛霊公第十五 26 子曰巧言亂德章

405(15-26)
子曰。巧言亂德。小不忍。則亂大謀。
いわく、巧言こうげんとくみだる。しょうしのばざれば、すなわ大謀たいぼうみだる。
現代語訳
  • 先生 ――「口ぐるまは人をそこなう。ちょっとの腹だちが、大事をぶちこわす。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「言葉上手は道徳を害し、しょう堪忍かんにんができぬと大事業が成らぬ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「口上手は道義をやぶり、小事に対する忍耐心の欠乏は大計画をやぶるものだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 巧言 … 言葉を巧みに飾ること。言葉上手なこと。
  • 乱徳 … 道徳正義を乱す。
  • 小不忍 … 些細なことが我慢できない。
  • 乱大謀 … 遠大な計画が完成しない。大事を成し遂げられない。
補説
  • 巧言 … 「学而第一3」の「巧言」に同じ。『集解』に引く孔安国の注に「巧言利口は、則ち徳の義を乱す。小忍ばざれば則ち大謀を乱る」(巧言利口則亂德義。小不忍則亂大謀)とある。『集注』に「巧言は、是非を変乱す。之を聴けば人をして其の守る所を喪わしむ」(巧言、變亂是非。聽之使人喪其所守)とある。荻生徂徠は「巧言は徳を乱るは、徳言とくげんを乱るなり。巧言は徳言に似たり。故に乱ると曰う」(巧言亂德。亂德言也。巧言似德言。故曰亂)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 小不忍 … 『集注』に「小を忍ばずは、婦人の仁、匹夫の勇のごとき、皆是れなり」(小不忍、如婦人之仁、匹夫之勇、皆是)とある。
  • 則 … 『義疏』にはこの字なし。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十