>   論語   >   季氏第十六   >   11

季氏第十六 11 孔子曰見善如不及章

431(16-11)
孔子曰。見善如不及。見不善如探湯。吾見其人矣。吾聞其語矣。隱居以求其志。行義以達其道。吾聞其語矣。未見其人也。
こういわく、ぜんてはおよばざるがごとくし、ぜんてはさぐるがごとくす。われひとる。われく。隠居いんきょしてもっこころざしもとめ、おこないてもっみちたっす。われく。いまひとざるなり。
現代語訳
  • 孔先生 ――「よいことは、追っかけるようにし、よくないことには、手をやくまいとする。わしもそういう人を見たし、そういうはなしも聞いた。職をもとめないでいて理想をもとめ、公正なことをして真理を実現する。そういうことばは聞いたが、そういう人にはまだ会わないわ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「善を見ては、取りにがすのを恐れるようにそれを追求し、悪を見ては、熱湯に手を入れるのを恐れるようにそれを避ける。そういう言葉を私はきいたことがあるし、また現にそういう人物を見たこともある。しかし、世に用いられないでも初一念を貫き、正義の実現に精進して、道の徹底を期する、というようなことは、言葉ではきいたことがあるが、まだ実際にそういう人を見たことがない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 如不及 … 追っても追っても追いつけそうもないという気持ちで、一心に追いつこうと努力すること。
  • 如探湯 … 熱湯に手を入れて、さっと手を引っ込めるように、急いで遠ざかること。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十