>   論語   >   衛霊公第十五   >   30

衛霊公第十五 30 子曰吾嘗終日不食章

409(15-30)
子曰。吾嘗終日不食。終夜不寝。以思。無益。不如學也。
いわく、われかつしゅうじつくらわず、しゅうねず、もっおもう。えきし。まなぶにかざるなり。
現代語訳
  • 先生 ――「わしはいつか昼も飯もくわず、夜も眠らないで考えた。ダメだった。勉強するのがましだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「私は、かつて、一日中飯も食わず、一晩中眠りもしないで思索にふけったことがあった。しかしなんの得るところもなかった。やはり学ぶにこしたことはない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 嘗 … 「かつて」と読む。「以前~したことがある」「以前~していた」と訳す。
  • 終日 … 一日じゅう。
  • 食 … 「くらう」と読む。食べる。
  • 終夜 … 一晩じゅう。
  • 寝 … 「いぬ」と読む。寝る。
  • 不如 … 「~にしかず」と読む。「~に及ばない」「~の方がよい」と訳す。比較する言い方。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十