>   論語   >   里仁第四   >   25

里仁第四 25 子曰德不孤章

091(04-25)
子曰、德不孤、必有鄰。
いわく、とくならず、かならとなりり。
現代語訳
  • 先生 ――「道をふむなら、つれはあるもの。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「徳はりつしない。必ずとなりが出来る。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「徳というものは孤立するものではない。必ず隣ができるものだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 徳 … 徳のある人。有徳者。人格者。
  • 不 … 「ず」「ざる」と読み、「~でない」と訳す。下にくる言葉を打ち消す否定詞。
  • 孤 … 孤立。一人ぼっち。
  • 有 … できる。現れる。
  • 鄰 … 仲間。理解者。支持者。共鳴する隣人。「鄰」は「隣」の異体字。
補説
  • 徳不孤、必有隣 … 『集解』の何晏の注に「ほうるいを以てあつまり、同志相求む。故に必ず鄰有るなり。ここを以て孤ならざるなり」(方以類聚、同志相求。故必有鄰也。是以不孤也)とある。「方は類を以てあつまる」(方以類聚)は『易経』繋辞上伝の言葉。ウィキソース「易傳/繫辭上」(第一章)参照。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「言うこころは人にして徳有る者、此の人孤然たるに非ざるなり。而も必ず善き隣里有り。故に云う、魯に君子者無くんば、子賤いずくにかこれを取らん、と」(言人有德者、此人非孤然。而必有善鄰里。故云、魯無君子者、子賤斯焉取斯乎)とある。「魯に君子者」以下は、「公冶長第五2」の語。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「隣は、猶お親のごときなり。徳は孤立せず、必ず類を以て応ず。故に徳有る者は、必ず其の類有りて之に従う。居の隣有るが如きなり」(鄰、猶親也。德不孤立、必以類應。故有德者、必有其類從之。如居之有鄰也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『注疏』に「方は類を以てあつまると云うは、周易上繫辞の文なり。方は、法術性行を謂う。各〻類を以て相聚まるなり」(云方以類聚者、周易上繫辭文也。方、謂法術性行。各以類相聚也)とある。『論語注疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「人知らずしていからざるは、君子の心なり。然れども徳は孤ならず、必ず鄰有るは、必然の理なり。故に夫子徳の既に成りて、必ず孤立無きの理を言いて、以て学者の志を定めたり。亦た禄其の中に在るの意なり。学者惟だ当に徳の成らざるを患いて、かつを以て心の害と為すこと無かるなり」(人不知而不慍、君子之心也。然德不孤必有鄰、必然之理也。故夫子言德之既成、必無孤立之理、以定學者之志。亦祿在其中之意。學者惟當患德之不成、而無以饑渇爲心害也)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「鄰は、臣なるかな鄰なるかなの鄰の如し。必ず助くる有るを謂うなり。えきに曰く、敬義立ちて徳孤ならずとは、亦た助け多きを謂える者なり。詩に云う、民のれる、是のとくを好む、と。是れ徳の助け多き所以なり。夫れ徳ありて而も助くる有ることき者は、則ちとうと文王と、豈に七十里若しくは百里にして興らんや。古註に、ほうるいを以てあつまり、同志相求むを引くは、あやまれりと謂う可し。仁斎先生、ろく其の中に在りを引くは、なりと謂う可し」(鄰、如臣哉鄰哉之鄰。謂必有助也。易曰、敬義立而德不孤、亦謂多助者也。詩云、民之秉彝、好是懿德。是德之所以多助也。夫德而莫有助焉者、則湯與文王、豈七十里若百里而興乎哉。古註、引方以類聚、同志相求、可謂謬矣。仁齋先生引祿在其中矣、可謂鄙矣)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十