>   論語   >   衛霊公第十五   >   21

衛霊公第十五 21 子曰君子矜而不爭章

400(15-21)
子曰、君子矜而不爭。羣而不黨。
いわく、くんきょうにしてあらそわず。ぐんしてとうせず。
現代語訳
  • 先生 ――「人物は気品を持つがせりあわず、なかまに入るがグルにならぬ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「君子は謹厳きんげんに構えているが、何でも反対しようというような気がないから、むやみに人と争わない。また、たれかれの分隔わけへだてなく人とむれ親しむが、おもねりへつらう私情がないから、同気相求めて党を作るようなことがない。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子はほこりをもって高くおのれを持するが、争いはしない。また社会的にひろく人と交わるが、党派的にはならない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 矜 … 「おごそかにして」と訓読してもよい。厳かに持する。誇りを持つ。
  • 群 … 仲間たちと一緒にいる。
  • 党 … 徒党を組むこと。
補説
  • この章の後半部分は「為政第二14」「子路第十三23」とほぼ同じ趣旨である。
  • 『注疏』に「此の章の言うこころは、君子の貌はきょうそうなりと雖も、而も争闘せず。君子は衆しと雖も、而も私に相党助とうじょせず、義に之れともしたしむなり」(此章言君子貌雖矜莊、而不爭鬪。君子雖衆而不私相黨助、義之與比也)とある。『論語注疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 君子矜而不争 … 『集解』に引く包咸の注に「矜は、矜荘なり」(矜、矜莊也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「矜は、矜荘なり。君子は自ら己の身を矜荘にして、己人と争わざるなり。故に江熙云う、君子は其の身をして俛焉べんえんせしめずして若し終日にしからずんば、自ら敬するのみ、人と争い之に勝たざるなり、と」(矜、矜莊也。君子自矜莊己身、而己不與人爭也。故江熙云、君子不使其身俛焉若不終日、自敬而已、不與人爭勝之也)とある。俛焉は、無理をして努力するさま。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「荘以て己を持するを矜と曰う。然れども乖戻かいれいの心無し。故に争わず」(莊以持己曰矜。然無乖戻之心。故不爭)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 群而不党 … 『集解』に引く孔安国の注に「党は、助なり。君子は衆と雖も、相私助せず。義のともに之にしたしむなり」(黨、助也。君子雖衆、不相私助。義之與比之也)とある。また『義疏』に「君子は乃ち朋群義聚すれども、相阿党して私を為さざるなり。故に江熙曰く、君子は道を以て相聚るを知る。聚まれば則ち群を為す。群するは則ち党するに似たり。群居は切磋して徳を成す所以にして、私に非ざるなり、と」(君子乃朋羣義聚、而不相阿黨爲私也。故江熙曰、君子以道知相聚。聚則爲羣。羣則似黨。羣居所以切磋成德、非於私也)とある。また『集注』に「和以て衆に処るを群と曰う。然れども阿比あひの意無し。故に党せず」(和以處衆曰群。然無阿比之意。故不黨)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「君子は道徳もて自ら持し、異を立てて以て高しと為すに非ず。故に矜にして争わず。物我一視し、苟くも同じくして以て俗にしたがうに非ず。故に群して党せず。小人は惟だ己有るを知るのみ、豈に能く争わざらんや。惟だ勢利有るを知るのみ、豈に能く党せざらんや」(君子道德自持、非立異以爲高。故矜而不爭。物我一視、非苟同以狥俗。故群而不黨。小人惟知有己而已、豈能不爭。惟知有勢利而已、豈能不黨)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「朱子曰く、荘以て己を持するを、矜と曰う。然れども乖戻かいれいの心無し。故に争わず。和以て衆に処るを、群と曰う。然れども阿比あひの意無し。故に党せず、と。善解と謂う可きのみ。仁斎乃ち曰く、君子は道徳もて自ら持し、異を立てて以て高しと為すに非ず。故に矜にして争わず。物我一視すれども、苟くも同じうして以て俗にしたがうに非ず。故に群にして党せず、と。吁道ああ徳もて自ら持す、物我一視とは、道学先生なるかな。大氐たいてい君子とは在上の名、士大夫の通称なり。孔子の時にあたりて、豈に是の意有らんや。是れ其の朱註をけずりて別に一家を成さんと欲する者にして、豈に異を立てて以て高しと為すに非ざらんや。悲しいかな。蓋し君子は礼を守る。礼は譲を貴ぶ。故に矜にして争わず。君子は仁に居る。仁とは人に長たるの徳、故に群にして党せず」(朱子曰、莊以持己、曰矜。然無乖戻之心。故不爭。和以處衆、曰群。然無阿比之意。故不黨。可謂善解已。仁齋乃曰、君子道德自持、非立異以爲高。故矜而不爭。物我一視、非苟同以徇俗。故群而不黨。吁道德自持、物我一視、道學先生哉。大氐君子者在上之名、士大夫通稱。方孔子時、豈有是意哉。是其欲刪朱註別成一家者、豈非立異以爲高哉。悲哉。蓋君子守禮。禮貴讓。故矜而不爭。君子居仁。仁者長人之德、故群而不黨)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十