>   論語   >   衛霊公第十五   >   22

衛霊公第十五 22 子曰君子不以言舉人章

401(15-22)
子曰。君子不以言舉人。不以人廢言。
わく、くんげんもっひとげず。ひともっげんはいせず。
  • 以言 … 立派な言葉を言っても。言葉だけを信用して。「言」は善言の意。
  • 挙 … 抜擢する。任用する。採用する。取り上げる。「げず」は「きょせず」と読んでもよい。
  • 不以言挙人 … 『集解』に引く包咸の注として「言有る者、必ずしも徳有らず。故に言を以て人を挙ぐる可からず」(有言者不必有德。故不可以言舉人)とある。
  • 以人 … 人によって。その人が自分の気に入らない人だという理由で。
  • 廃言 … その人のよい言葉まで否定する。「はいせず」は「てず」と読んでもよい。
  • 不以人廃言 … 『集解』に引く王粛の注として「徳無きを以てして善言を廃す可からず」(不可以無德而廢善言)とある。
  • 伊藤仁斎は「言を以て人を挙げざるは智なり。人を以て言を廃せざるは仁なり」(不以言舉人智也。不以人廢言仁也)と言っている。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『集注』にはこの章の注がない。
  • 荻生徂徠は「しゅんの問うことを好んでしこうしてげんを察するを好むも(『中庸』第六章)、亦た此れを以てなり。聖人の言、何ぞ其れけいを合するが如くなるや」(舜之好問而好察邇言。亦以此。聖人之言。何其如合符契也)と言っている。「邇言」は卑近な言葉。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 穂積重遠しげとお(1883~1951)は「孔子様がおっしゃるよう、君子は公平でしかも明敏めいびんだから、りっぱなことを言ったからというだけではその人を信用せず、言った人が悪いとかいやしいとかいうので善い言葉を捨てない」と訳している(新訳論語)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。君子は、言うことがりっぱだからといって人を挙用しないし、人がだめだからといって、その人の善い言葉をすてはしない」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十