>   論語   >   為政第二   >   14

為政第二 14 子曰君子周而不比章

030(02-14)
子曰、君子周而不比。小人比而不周。
いわく、くんしゅうしてせず。しょうじんしてしゅうせず。
現代語訳
  • 先生 ――「人物は閥をつくらず、俗物は閥をつくる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「君子は公平こうへい無私むしだから、まんべんなく善人に親しむが、しょうじんは、人のぜんぜんによらず、利害感情によってへんな好ききらいをする。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子の交りは普遍的であって派閥を作らない。小人の交りは派閥を作って普遍的でない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 君子 … 徳の高い立派な人。人格者。反対はしょうじん
  • 周 … あまねし。すべての人と平等に交わる。理性的に広く公平に交際すること。
  • 比 … 親しむ。特定の仲間とだけ馴れ親しむ。利害関係でもって感情的に私的な交際をすること。
  • 小人 … 教養がなく、人格が低くてつまらない人。反対は君子。
補説
  • 君子周而不比 … 『集解』に引く孔安国の注に「忠信を周と為し、阿党を比と為すなり」(忠信爲周、阿黨爲比也)とある。阿党は、他人の機嫌をとって仲間になること。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「此の章は君子の行、小人と異なれるを明らかにするなり。周は、忠信なり。比は、阿党なり。君子は常に忠信を以て心と為して、相阿党すること無し」(此章明君子行與小人異也。周、忠信也。比、阿黨也。君子常以忠信爲心、而無相阿黨也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「周は、普徧なり。比は、偏党なり。皆人と親厚するの意。但だ周は公にして比は私なるのみ」(周、普徧也。比、偏黨也。皆與人親厚之意。但周公而比私耳)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 小人比而不周 … 『義疏』に「君子と反するなり。小人は唯だ更に相阿党するのみにして、並びに忠信ならざるなり。然して周は是れ博遍の法、故に謂う、忠信と為す、と。比は是れ親狎の法、故に謂う、阿党と為すのみ、と。若し互にして言わば、周の名も亦た悪有り。比の名も亦た善なる者有り。故に春秋伝に云う、是を比周と謂う、と。言うこころは其れ悪周を為して天下に遍くなり。易卦に比有り。比は則ち是れ輔なり。論語に云う、君子は義にともに比す、と。比は則ち是れ親なり。広称に非ずと雖も、文亦た悪に非ず。今此の文既に周と言いて、以て比に対す。故に以て悪と為すのみ」(與君子反也。小人唯更相阿黨、而竝不忠信也。然周是博遍之法、故謂爲忠信。比是親狎之法、故謂爲阿黨耳。若互而言、周名亦有惡。比名亦有善者。故春秋傳云、是謂比周。言其爲惡周遍天下也。易卦有比。比則是輔。論語云、君子義與比。比則是親。雖非廣稱、文亦非惡。今此文既言周、以對比。故以爲惡耳)とある。
  • 『集注』に「君子小人の為す所同じからざること、陰陽昼夜の如く、毎毎相反す。然れども其の分かるる所以を究むれば、則ち公私の際、ごうの差に在るのみ。故に聖人の周比・和同・驕泰の属に於けるや、常に対挙して之を互言す。学ぶ者は両間を察して、其の取舎の幾を審らかにせんことを欲するなり」(君子小人所為不同、如陰陽晝夜、每每相反。然究其所以分、則在公私之際、毫釐之差耳。故聖人於周比和同驕泰之屬、常對舉而互言之。欲學者察乎兩間、而審其取舍之幾也)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「此れ君子小人、心を用うるの別を言うなり。……対挙して之を論ずる者は、蓋し学者の為に其のきょうほうを示すなり」(此言君子小人用心之別也。……對擧而論之者、蓋爲學者示其嚮方也)とある。嚮方は、目指すべき方向。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「蓋し親厚するの道、勢い普徧なり難し。必ずや人の為に謀って忠、朋友と交わるに信にして、こいねがわくは以て比党の私無きに足らんのみ。古えの道なり。……蓋し君子なる者は上に在るの徳あり、其の心は民を安んずるに在り。故に公なり。小人なる者は細民の称にして、其の心は己を営むに在り。故に私なり」(蓋親厚之道、勢難普徧。必也爲人謀而忠、與朋友交而信、庶足以無比黨之私已。古之道也。……蓋君子者在上之德、其心在安民。故公。小人者細民之稱、其心在營己。故私)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十