>   論語   >   憲問第十四   >   4

憲問第十四 4 子曰邦有道章

336(14-04)
子曰。邦有道。危言危行。邦無道。危行言孫。
いわく、くにみちるときは、げんたかくしおこないをたかくす。くにみちきときは、おこないをたかくしげんしたがう。
現代語訳
  • 先生 ――「よい時代には、ズバズバいい、バリバリやる。よくない時代には、バリバリやるが、ひかえめにいう。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「国に道が行なわれている時には、信ずるところを大胆に言い、大胆に行なうべきである。国に道が行なわれていない時には、行いはむろん大胆でなければならないが、言葉は多少ひかえて、婉曲であるがいい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 孫 … 「ゆずる」とも読む。
補説
  • 孫 … 『義疏』では「遜」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十