>   論語   >   憲問第十四   >   3

憲問第十四 3 子曰士而懷居章

335(14-03)
子曰。士而懷居。不足以爲士矣。
わく、にしてきょおもうは、もっすにらず。
  • 士 … 紳士。志のある者。大夫に次ぐ知識人階級。
  • 居 … 私的な生活。家庭の安逸。『集注』には「居は、意の便安する所の処を謂うなり」(居、謂意所便安處也)とある。「便安」は穏やかに落ち着くこと。便利がよく安らかなこと。
  • 懐 … 恋々とすること。常に心から離れないこと。
  • 荻生徂徠は「にしてきょおもうは、もっすにらずとは、きょやすんぜんことをもとむるをうなり。だんまれてほうこころざしり。ゆえもんく。れいなり」(士而懷居。不足以爲士矣。謂求安其居也。男子生而有四方之志。故懸弧於門。禮也)と言っている。「四方の志」とは天下を征服しようとする志のこと。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 穂積重遠しげとお(1883~1951)は「孔子様がおっしゃるよう、いやしくも士たる者は、四方に出動して天下を経営する意気込みがなくてはならぬ。安住の地に恋々れんれんしているようなことでは、士とはいえぬぞ」と訳している(新訳論語)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。士たる者が、安楽な家庭生活のみを恋しがるようでは、士の名に値しない」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十