>   論語   >   憲問第十四   >   1

憲問第十四 1 憲問恥章

333(14-01)
憲問恥。子曰、邦有道穀。邦無道穀、恥也。
けんはじう。いわく、くにみちればこくす。くにみちくしてこくするは、はじなり。
現代語訳
  • 原憲が恥じのことをきく。先生 ――「清潔な時代に給与をもらい、不潔な時代にも給与をもらうのは、恥じだな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 原憲げんけんが、何が恥ずべきことかを、おたずねした。孔子様がおっしゃるよう、「国に道が行われている際仕えて俸禄ほうろくを受けるのは恥ではないが、国に道がなくて乱れている場合に、いさぎよく退しりぞくことができないでむなしく禄をはんでいるのは、恥ずべきことじゃ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • けんが恥についてたずねた。先師がこたえられた。――
    「国に道が行なわれている時、仕えてろくむのは恥ずべきことではない。しかし、国に道が行なわれていないのに、その禄を食むのは恥ずべきである」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 憲 … 孔子の門人、原憲。姓は原、名は憲、字は子思。魯の人、また宋の人、また斉の人。孔子より三十六歳若い。原思とも。ウィキペディア【原憲】参照。
  • 邦 … 国。
  • 有道 … 道徳にかなった政治が行われている。
  • 穀 … 仕官して俸給を受けること。
  • 無道 … 道徳に反する政治が行われている。
補説
  • この章を次章と合わせて一章とするテキストも多い。
  • 原憲 … 『孔子家語』七十二弟子解に「原憲は宋人そうひと、字は子思。孔子よりわかきこと三十六歳。清浄にして節を守る。貧にして道を楽しむ。孔子魯の司寇と為り、原憲嘗て孔子の宰と為る。孔子しゅっしてのち、原憲退隠して、衛に居る」(原憲宋人、字子思。少孔子三十六歳。淸淨守節。貧而樂道。孔子爲魯司寇、原憲嘗爲孔子宰。孔子卒後、原憲退隱、居於衞)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「原憲、字は子思」(原憲字子思)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 憲 … 『集注』に「憲は、原思の名」(憲、原思名)とある。
  • 穀 … 『集注』に「穀は、禄なり」(穀、祿也)とある。
  • 邦有道穀 … 『集解』に引く孔安国の注に「穀は、禄なり。邦道有れば、当に其の禄をむべし」(穀、祿也。邦有道、當食其祿)とある。
  • 邦無道穀、恥也 … 『集解』に引く孔安国の注に「きみ道無くして、其の朝に在りて、其の禄をむは、是れ恥辱なり」(君無道、而在其朝、食其祿、是恥辱也)とある。
  • 『集注』に「邦に道有るに為すこと有る能わず、邦に道無きに独り善くすること能わずして、但だ禄をむを知るは、皆恥ずべきなり。憲の狷介けんかい、其の邦に道無きに穀するの恥ずべきに於いては、固より之を知れり。邦に道有るに穀するの恥ずべきに至りては、則ち未だ必ずしも知らざるなり。故に夫子其の問いに因りてあわせて之を言い、以て其の志を広め、自ら勉むる所以を知りて、為すこと有るに進ましむるなり」(邦有道不能有爲、邦無道不能獨善、而但知食祿、皆可恥也。憲之狷介、其於邦無道穀之可恥、固知之矣。至於邦有道穀之可恥、則未必知也。故夫子因其問而并言之、以廣其志、使知所以自勉、而進於有爲也)とある。
  • 伊藤仁斎は「愚おもえらく、士の世に於ける、独り其の身を善くするは易く、兼ねて天下を善くするは難し。其の恥ずべきの中に於いて、自ら軽重する所を知りて可なり」(愚謂、士之於世、獨善其身易、兼善天下難。其於可恥之中、自知所輕重可也)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「孔安国曰く、穀は禄なり。邦道有れば、まさに禄をむべし。きみ道無くして其のちょうに在り其の禄をむは、是れ恥辱なり、と。古人善く古文辞を解する者くのごときかな。後世の儒者は古文辞を知らず。且つ秦漢よりして後、人皆以て宰相と為るべし。故に士は功名に急なり。ここいてか朱子の説有り。に孔子の時の意ならんや。且つ憲の狷介けんかいと曰うは、是れ果たして何の拠る所ぞ。宋儒はほしいままに己が意を以て古人を品目す。せんなるかな」(孔安国曰。穀祿也。邦有道。當食祿。君無道而在其朝食其祿。是恥辱。古人善解古文辭者如是夫。後世儒者不知古文辭。且秦漢而後。人皆可以爲宰相。故士急功名。於是乎有朱子之説。豈孔子時之意哉。且曰憲之狷介。是果何所據。宋儒恣以己意品目古人。僭哉)と言う。「品目」は品定めをする。批評する。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十