>   論語   >   憲問第十四   >   5

憲問第十四 5 子曰有德者必有言章

337(14-05)
子曰、有德者必有言。有言者不必有德。仁者必有勇。勇者不必有仁。
いわく、とくものかならげんり。げんものかならずしもとくらず。仁者じんしゃかならゆうり。勇者ゆうしゃかならずしもじんらず。
現代語訳
  • 先生 ――「能のある人は、きっと意見をいう。意見をいう人が、能があるとはかぎらぬ。人道的な人は、きっと勇気がある。勇気のある人が、人道的とはかぎらぬ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「有徳の人は必ずよいことをいう。しかしよいことをいう人、必ずしも有徳の人ではない。仁者には必ず勇気がある。しかし勇者必ずしも仁者ではない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 必有言 … 必ずよいことを言う。
  • 不必有徳 … 必ずしも徳があるとは限らない。「不必~」は「カナラズシモ~ズ」と読み、「必ず~であるとは限らない」と訳す。部分否定の形。「必不」は「カナラズ~ズ」と読み、「必ず~でない」と訳す。全部否定の形。
  • 必有勇 … 必ず勇気が具わっている。
  • 不必有仁 … 必ずしも仁があるとは限らない。「血気の勇(後先のことを考えない勇気)」などを指して言っている。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十