>   論語   >   顔淵第十二   >   1

顔淵第十二 1 顏淵問仁章

279(12-01)
顏淵問仁。子曰。克己復禮爲仁。一日克己復禮。天下歸仁焉。爲仁由己。而由人乎哉。顏淵曰。請問其目。子曰。非禮勿視。非禮勿聽。非禮勿言。非禮勿動。顏淵曰。回雖不敏。請事斯語矣。
顔淵がんえんじんう。いわく、おのれちてれいかえるをじんす。一日いちじつおのれちてれいかえれば、てんじんせん。じんすはおのれる。しこうしてひとらんや。顔淵がんえんいわく、もくう。いわく、れいることかれ、れいくことかれ、れいうことかれ、れいうごくことかれ。顔淵がんえんいわく、かいびんなりといえども、こととせん。
現代語訳
  • 顔淵が人の道をきく。先生 ――「欲をおさえて規律を守るのが、人の道だ。一日でも欲をおさえて規律を守れば、世間が人の道につく。人の道はわが身からで、それなら他人まかせにはできまい。」顔淵 ―― 「どうかその内容を…。」先生 ――「不規律を見ず、不規律をきかず、不規律をいわず、不規律に走らぬこと。」顔淵 ―― 「わたくしのようなものでも、そのことにはげみたくぞんじます。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 顔淵が仁の意義をたずねた。先師はこたえられた。――
    「己に克ち、私利私欲から解放されて、調和の大法則である礼に帰るのが仁である。上に立つ者がひとたび意を決してこの道に徹底すれば、天下の人心もおのずから仁に帰向するであろう。仁の実現はまずみずからの力によるべきで、他にまつべきではない」
    顔淵がさらにたずねた。――
    「実践の細目について、お示しをお願いいたしたいと存じます」
    先師がこたえられた。――
    「非礼なことに眼をひかれないがいい。非礼なことに耳を傾けないがいい。非礼なことを口にしないがいい。非礼なことを行なわぬがいい」
    顔淵がいった。――
    「まことにいたらぬ者でございますが、お示しのことを一生の守りにいたしたいと存じます」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 顔淵 … 前521~前490頃。孔子の第一の弟子、顔回。姓は顔、名は回。あざなえんであるので顔淵とも呼ばれた。の人。徳行第一といわれた。孔子より三十歳年少。早世し孔子を大いに嘆かせた。孔門十哲のひとり。ウィキペディア【顔回】参照。
  • 克己 … 自分のわがままや欲望にうちかつこと。
  • 復礼 … 「礼にかえる」と読み、「礼にたちもどる」と訳す。また「礼をむ」とも読み、「礼をふみ行なう」と訳す説もある。
  • 為仁 … それが仁である。
  • 一日 … 一日だけでも。
  • 帰仁 … 仁徳になびき従う。「帰」は帰服する。
  • 為仁由己 … 仁を行なうのは、自分自身の力によってできる。
  • 由人乎哉 … (仁は)他人の力にたよるものであろうか。(決して他人の力にたよってできるものではない。)反語の形。「乎哉」は「や」と読む。
  • 請問 … ぜひお聞かせねがいたい。
  • 目 … 重要な項目。細目。眼目。
  • 非礼 … 礼の規則にはずれたもの。
  • 勿 … 「なかれ」と読み、「~するな」「~しないように」と訳す。
  • 回 … 顔淵の名。
  • 雖 … 「~といえども」と読み、「~であるけれども」と訳す。
  • 不敏 … 賢くない。自分を謙遜していう。
  • 事 … 仕事とする。実行する。
  • 斯語 … この言葉。「克己復礼」を指す。
補説
  • 克 … 『義疏』では「尅」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十