>   論語   >   顔淵第十二   >   3

顔淵第十二 3 司馬牛問仁章

281(12-03)
司馬牛問仁。子曰。仁者其言也訒。曰。其言也訒。斯謂之仁已乎。子曰。爲之難。言之得無訒乎。
司馬しばぎゅうじんう。いわく、仁者じんしゃうやじんす。いわく、うやじんす。こここれじんうか。いわく、これすことかたし。これいてじんするきをんや。
現代語訳
  • 司馬牛が人の道をきく。先生 ――「道の人はことばをひかえるね。」 ―― 「ことばをひかえれば、それで人の道というわけですか。」先生 ――「実行はむずかしいから、ことばもひかえねばなるまいて。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 司馬牛が仁についてたずねた。先師はこたえられた。――
    「仁者というものは、言いたいことがあっても、容易に口をひらかないものだ」
    司馬牛がさらにたずねた。――
    「容易に口をひらかない、それだけのことが仁というものでございましょうか」
    すると先師はいわれた。――
    「仁者は実践のむずかしさをよく知っている。だから、言葉をつつしまないではいられないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 司馬牛 … 孔子の弟子。姓は司馬。名はこうまたはあざな子牛しぎゅう。かつて孔子を殺そうとした桓魋かんたいの弟。「述而第七22」参照。
  • 訒 … 口のきき方が重々しい。言いよどみがちである。言葉を控えめにする。発言を慎重にする。容易に喋らない。
補説
  • 訒 … 宮崎市定は「おそし」と読み、「言葉が遠慮がちでつかえる」と訳している(『論語の新研究』)。
  • 斯謂之仁已乎 … 『義疏』では「斯可謂之仁已矣乎」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十