>   論語   >   先進第十一   >   15

先進第十一 15 子貢問師與商也孰賢章

268(11-15)
子貢問。師與商也孰賢。子曰。師也過。商也不及。曰。然則師愈與。子曰。過猶不及。
こうう、しょういずれかまされる。いわく、ぎたり。しょうおよばず。いわく、しからばすなわまされるか。いわく、ぎたるはおよばざるがごとし。
現代語訳
  • 子貢がきいた、「師(子張)と商(子夏)では、どっちが上で…。」先生 ――「師くんは、やりすぎ。商くんは、まだ不足。」子貢 ―― 「それでは師が上ですか。」先生 ――「やりすぎは不足とおなじ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子貢がたずねた。――
    しょうとでは、どちらがまさっておりましょうか」
    先師がこたえられた。――
    「師は行き過ぎている。商は行き足りない」
    子貢が更にたずねた。――
    「では、師の方がまさっているのでございましょうか」
    すると、先師がこたえられた。――
    「行き過ぎるのは行き足りないのと同じだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子貢 … 前520~前446。姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 師 … 孔子の門人、子張の名。ウィキペディア【子張】参照。
  • 商 … 孔子の門人、子夏の名。孔門十哲のひとり。ウィキペディア【子夏】参照。
  • 師与商也 … 「与」は「と」と読む。「也」は置き字。読まない。
  • 孰賢 … 「いずれかまされる」と読み、「どちらの人物がすぐれているか」と訳す。
  • 師也・商也 … 「也」は「や」と読む。
  • 過 … ゆき過ぎ。やり過ぎ。でしゃばり。
  • 不及 … 控え目。やり足りない。
  • 然則 … 「しからばすなわち」と読み、「そうだとすると・それならば」と訳す。
  • 愈与 … 「まされるか」と読み、「すぐれているのですか」と訳す。「愈」はここでは「いよいよ」とは読まず、「まさる」の意。「与」はここでは「か」と読み、「~するか」「~であるか」と訳す。疑問の形。
  • 過猶不及 … ゆき過ぎはやり足りないのと同様である。「~猶…」は「~はなお…のごとし」と読み、「~は…と同様である」と訳す。再読文字。ともに中庸からはずれているので、どちらもよくない。なお、故事成語「過ぎたるは猶お及ばざるがごとし」も参照。
補説
  • 孰賢 … 『義疏』では「孰賢乎」に作る。
  • 愈与 … 『集注』に「まさるは、猶お勝るがごとし」(愈、猶勝也)とある。
  • 過猶不及 … 『義疏』では「過猶不及也」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十