>   論語   >   先進第十一   >   13

先進第十一 13 魯人爲長府章

266(11-13)
魯人爲長府。閔子騫曰、仍舊貫、如之何。何必改作。子曰、夫人不言、言必有中。
ひとちょうつくる。びんけんいわく、きゅうかんらば、これ如何いかんなんかならずしもあらたつくらん。いわく、ひとわず、えばかならあたり。
現代語訳
  • 魯の国では宝物倉を建てなおす。閔子騫(ビンシケン)がいう、「もとのままで、どうなんだ…。わざわざ建てなおさずとも…。」先生 ――「かれはだんまり屋だが、いうときはズバリだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • の当局がちょうを改築しようとした。それについて、びんけんがいった。――
    「これまでの建物を修理したらいい。何も改築する必要はあるまい」
    先師はそれを伝えきいていわれた。――
    「あの男はめったに物をいわないが、いえば必ず図星にあたる」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 魯人 … 魯国の政府当局者。
  • 長府 … 長府という名の政府の倉庫。
  • 為 … 改築する。
  • 閔子騫 … 前536~前487。姓はびん。名は損。あざなは子騫。孔門十哲のひとり。孔子より十五歳年少。魯の人。徳行にすぐれ、また孝行者でもあった。ウィキペディア【閔子騫】参照。
  • 旧貫 … 昔からのしきたり。
  • 仍 … 「因」に同じ。そのまま。元のまま。現状を維持踏襲すること。
  • 如之何 … そうしたならば、どうだろう。
  • 何必改作 … 何もわざわざ改築する必要はあるまいに。
  • 夫人 … あの人。あの男。閔子騫を指す。
  • 中 … 的中する。理に当たる。道理にかなう。
補説
  • 長府 … 『集解』に引く鄭玄の注および『集注』に「長府は、蔵の名なり。財貨を蔵するを府と曰う」(長府、藏名也。藏財貨曰府)とある。
  • 為 … 『集注』に「為は、蓋し之を改作す」(為、蓋改作之)とある。
  • 閔子騫 … 『孔子家語』七十二弟子解に「閔損びんそんひとあざなは子騫。孔子よりわかきこと十五歳。徳行を以て名を著す。孔子其の孝なるをたたう」(閔損魯人、字子騫。少孔子十五歳。以德行著名。孔子稱其孝焉)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「閔損、字は子騫。孔子より少きこと十五歳。孔子曰く、孝なるかな閔子騫。人、其の父母昆弟こんていの言をかんせず、と。大夫に仕えず、くんの禄をまず。如し我をふたたびする者有らば、必ずぶんほとりに在らん、と」(閔損字子騫。少孔子十五歳。孔子曰、孝哉閔子騫。人不閒於其父母昆弟之言。不仕大夫、不食汙君之祿。如有復我者、必在汶上矣)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 旧貫 … 『集解』に引く鄭玄の注および『集注』に「貫は、事なり」(貫、事也)とある。
  • 仍 … 『集解』に引く鄭玄の注および『集注』に「仍は、因なり」(仍、因也)とある。
  • 中 … 『集注』に「言は妄りに発せず、発せば必ず理に当たる。惟だ有徳の者のみ之を能くす」(言不妄發、發必當理。惟有德者能之)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十