>   論語   >   先進第十一   >   14

先進第十一 14 子曰由之瑟章

267(11-14)
子曰。由之瑟。奚爲於丘之門。門人不敬子路。子曰。由也升堂矣。未入於室也。
いわく、ゆうしつなんれぞきゅうもんいてせんと。門人もんじん子路しろけいせず。いわく、ゆうどうのぼれり。いましつらざるなり。
現代語訳
  • 先生 ――「由くんの琴は、わしのうちでやるものじゃないね。」弟子たちは子路(由)をバカにしだした。先生 ――「由くんも、免許は取ってる。極意がまだなんだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    ゆうしつは、私の家では弾いてもらいたくないな」
    それをきいた門人たちは、とかく子路を軽んずる風があった。すると、先師はいわれた。――
    「由はすでに堂にのぼっている。まだ室に入らないだけのことだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 由 … 前542~前480。姓はちゅう、名は由。あざなは子路、または季路。魯のべんの人。孔門十哲のひとり。孔子より九歳年下。門人中最年長者。政治的才能があり、また正義感が強く武勇にも優れていた。ウィキペディア【子路】参照。
  • 瑟 … おおごと。二十五弦。
  • 奚為 … 「なんすれぞ」と読み、「どうして」「なにもわざわざ」と訳す。「なんれぞ」に同じ。
  • 於丘之門 … 私の家で。
  • 門人 … 子路以外の孔子の門人。
  • 不敬 … 尊敬しない。
  • 升堂 … 表座敷には上っている。教養・学問が水準に達していることの喩え。
  • 未入於室 … 奥座敷には入っていない。深い境地に達していないことの喩え。
補説
  • 瑟 … 『義疏』では「鼓瑟」に作る。
  • 升堂・入室 … 『集注』に「堂に升り室に入るは、道に入るの次第に喩う。言うこころは子路の学、已に正大高明の域に造れり。だ未だ深く精微の奥に入らざるのみ。未だ一事の失を以てにわかに之をゆるがせにすべからざるなり、と」(升堂入室、喩入道之次第。言子路之學、已造乎正大高明之域。特未深入精微之奧耳。未可以一事之失而遽忽之也)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十