>   論語   >   郷党第十   >   4

論語 郷党第十 4

10-04 入公門。鞠躬如也。如不容。立不中門。行不履閾。過位。色勃如也。足躩如也。其言似不足者。攝齊升堂。鞠躬如也。屏氣似不息者。出。降一等。逞顔色。怡怡如也。没階。趨進。翼如也。復其位。踧踖如也。
公門こうもんるに、鞠躬如きくきゅうじょたり。れられざるがごとし。つにもんちゅうせず。くにしきいまず。位をくらいぐるに、いろ勃如ぼつじょたり、あし躩如かくじょたり。げんらざるものたり。もすそかかげてどうのぼるに、鞠躬如きくきゅうじょたり。おさめていきせざるものたり。でて一等いっとうくだれば、顔色がんしょくはなちて、怡怡如いいじょたり。かいつくしてはしすすむに、翼如よくじょたり。くらいかえれば、踧踖如しゅくせきじょたり。
  • 公門 … 宮廷の一番外の門。
  • 鞠躬如 … 身をかがめて恐れつつしむさま。古注に引く孔安国の注には「身をおさむ」(斂身)とある。新注には「鞠躬は、身をぐなり」(鞠躬、曲身也)とある。
  • 如不容 … 自分の身体が入りかねるように、敬虔な様子をする。
  • 不中門 … 門の中央には立たない。中央は君主の通り道である。
  • 不履閾 … 門を通るときは、敷居を踏まないでまたいで通る。新注には「閾は、門限なり。礼に、士大夫の君門を出入するに、しきみの右に由り、閾を践まず、と」(閾、門限也。禮、士大夫出入君門、由闑右、不踐閾)とある。「門限」は門のしきい。
  • 位 … 君主の御座所。新注には「位は、君の虚位。門屏の間を謂う。人君の宁立ちょりつの処、所謂ちょなり。君在らずと雖も、之を過ぐるに必ず敬す。敢えて虚位を以て之をおこたらざるなり」(位、君之虚位。謂門屏之間。人君宁立之處、所謂宁也。君雖不在、過之必敬。不敢以虚位而慢之也)とある。
  • 勃如 … ぱっと緊張した顔色になる。
  • 躩如 … 小刻みにうやうやしく歩くさま。
  • 其言似不足者 … その言葉は寡黙であった。新注には「言足らざるに似たりとは、敢えてほしいままにせざるなり」(言似不足、不敢肆也)とある。
  • 摂斉 … 衣の裾をかかげる。新注には「摂は、かかげるなり。斉は、衣下の縫なり」(攝、摳也。齊、衣下縫也)とある。
  • 升堂 … 堂に上る。
  • 屏気 … 息をとめる。新注には「屏は、おさむるなり」(屏、藏也)とある。
  • 不息 … 呼吸しない。新注には「息は、鼻息の出入する者なり」(息、鼻息出入者也)とある。
  • 出降一等 … 堂を出て階段を一段降りる。新注には「等は、階の級なり」(等、階之級也)とある。
  • 逞 … ゆるめる。新注には「逞は、放つなり。漸く尊ぶ所に遠ざかり、気をべ顔を解く」(逞、放也。漸遠所尊、舒氣解顏)とある。
  • 怡怡如 … 安らかな、晴れやかな、楽しげなさま。新注には「怡怡は、和悦なり」(怡怡、和悦也)とある。
  • 没階 … 階段を降りきる。古注に引く孔安国の注には「没は、尽くすなり」(沒、盡也)とある。新注には「階を没すは、下りて階を尽くすなり」(沒階、下盡階也)とある。
  • 趨進 … 小走りに進む。新注には「趨、走りて位に就くなり」(趨、走就位也)とある。
  • 復其位 … 「自分の席に戻る」という説と、「君主の御座所を再び通り過ぎる」という説の二つの解釈に分かれる。古注に引く孔安国の注には「来る時に過ぐる所の位なり」(來時所過位)とある。
  • 踧踖如 … 慎み深く、うやうやしいさま。新注には「位に復れば踧踖たるは、敬の余なり」(復位踧踖、敬之餘也)とある。
  • 下村湖人(1884~1955)は「宮廷の門をおはいりになる時には、小腰をかがめ、身をちぢめて、あたかも狭くて通れないところを通りぬけるかのような様子になられる。門の中央に立ちどまったり、敷居を踏んだりは決してなされない。門内の玉座の前を通られる時には、君いまさずとも、顔色をひきしめ、足をまげて進まれる。そして堂にいたるまでは、みだりに物をいわれない。堂に上る時には、両手をもって衣の裾をかかげ、小腰をかがめ、息を殺していられるかのように見える。君前を退いて階段を一段下ると、ほっとしたように顔色をやわらげて、にこやかになられる。階段をおりきって小走りなさる時には両袖を翼のようにお張りになる。そしてご自分の席におもどりになると、うやうやしくひかえておられる」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十