>   論語   >   八佾第三   >   18

八佾第三 18 子曰事君盡禮章

058(03-18)
子曰、事君盡禮、人以爲諂也。
いわく、きみつかうるにれいくせば、ひともっへつらいとすなり。
現代語訳
  • 先生 ――「おかみをうやまえば、ごきげん取りといわれる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「君に対して礼を尽すのは当然のことだのに、今の人はそれを見てオベッカだとそしる。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「君主に仕えて礼をつくすのは当然だ。しかるに世間ではそれをへつらいだという」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 君 … 君主。
  • 事 … 仕える。
  • 諂 … おべっか。御機嫌をとる。
補説
  • 事君盡禮、人以爲諂也 … 『集解』に引く孔安国の注に「時に君に事うる者、多くは礼無し。故に礼有る者を以て諂いと為すなり」(時事君者、多無禮。故以有禮者爲諂也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「今時に当たり、臣皆佞諂ねいてん阿党す。若し能く君に礼を尽くし忠を竭くす者有るを見れば、因りて共にひるがえしてへつらうを為すと謂う。故に孔子以て当時を疾むを明言するなり」(當于今時、臣皆佞諂阿黨。若見有能盡禮竭忠於君者、因共飜謂爲諂。故孔子明言以疾當時也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に引く黄祖舜の注に「孔子は君に事うるの礼に於いて、加うる所有るに非ざるなり。是の如くして後に尽くすのみ。時人能くせず、反って以て諂うと為す。故に孔子之を言い、以て礼の当然を明らかにするなり」(孔子於事君之禮、非有所加也。如是而後盡爾。時人不能、反以爲諂。故孔子言之、以明禮之當然也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に引く程頤の注に「聖人は君に事うるに礼を尽くせば、当時以て諂うと為す。若し他人之を言えば、必ず我君に事うるに礼を尽くせども、小人以て諂うと為すと曰わん。而して孔子の言、此の如くに止まる。聖人の道の大にして徳の宏きこと、此にも亦た見る可し」(聖人事君盡禮、當時以爲諂。若他人言之、必曰我事君盡禮、小人以爲諂。而孔子之言、止於如此。聖人道大德宏、此亦可見)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「此れ夫子当時の薄俗を傷みて、之を歎ずるなり。人臣の君に於ける、礼を尽くすを以て本と為す。夫子を譏りて以て諂いと為る者は、本昏愚柔懦の人に非ず。必ず是れ己を揚げ物におごり、遜譲を知らざる者の言、其の流れ必ず道をそこなうに至る。故に君子は悪む。荀子の言に曰く、道義重ければ則ち王侯を軽んず、と。非なり。王侯豈に軽んず可き者ならんや。其の王侯を軽んずる者は、まさに其の道義を知らざる所以なり」(此夫子傷當時之薄俗、而歎之也。人臣之於君、以盡禮爲本。譏夫子以爲諂者、本非昏愚柔懦之人。必是揚己敖物、不知遜讓者之言、其流必至於賊道。故君子惡焉。荀子之言曰、道義重則輕王侯。非也。王侯豈可輕者耶。其輕王侯者、適其所以不知道義也)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「戦国の時、先王の礼廃す。而して君は益〻おごり、臣は益〻いやし。故に孟・荀の言興る。其の弊を究むるに、亦た或いは仁斎の言の若き者有らん。秦天下をあわすに及んで、倨れる者は益〻倨り、卑しき者は益〻卑し。其の定めて以て朝廷の制と為す所の者は、世俗の礼のみ。後世改めず、いつに其の制に沿う。故に秦漢以後、礼無きを以て其の臣を責むる者は、皆暗君なり。礼無きのけんる者は、多くは忠臣とす。何となれば、喜べば則ち賞し、怒れば則ち罰す。賞罰の権君に在り、臣いずくんぞ之を軽んずることを得ん。故に能く王侯を軽んじ大人をかろんずる者は、秦漢よりして後は、是れを君子とす。礼の殊なるが故なり。叚使もし後世の人君をして三代の人臣を視しむれば、則ち其の以て礼無しと為さざる者はいくばくもからん。仁斎之を知らずして荀子を非とするは、亦た其の礼を知らざるが為の故なり。且つ下章に曰く、君、臣を使うに礼を以てすれば、臣、君に事うるに忠を以てす、と。是れ臣の君に事うる、其の礼無きことを患えず、而して其の忠ならざることを患う。勢いの必至なり。故に孔子は礼を言わず。此れを以て之を観る。予故に此の章の言は、孔子の魯の為に発せしことを知る。三家強くして公室弱し。人皆三家に附して公室を軽んじ、習いて以て常と為せり。故に孔子を以て諂うと為す者之れ有り。而して孔子は俗にたがいて必ず其の礼を尽くす。亦た公室をおおいにして三家を抑うる所以なり」(戰國之時、先王之禮廢。而君益倨、臣益卑。故孟荀之言興。究其弊、亦或有若仁齋之言者。及秦幷天下、倨者益倨、卑者益卑。其所定以爲朝廷之制者、世俗之禮耳。後世不改、一沿其制。故秦漢以後、以無禮責其臣者、皆暗君也。獲無禮之譴者、多爲忠臣也。何者、喜則賞、怒則罰。賞罰之權在君、臣安得輕之。故能輕王侯藐大人者、秦漢而後、是爲君子。禮殊故也。叚使後世人君視於三代人臣、則其不以爲無禮者幾希矣。仁齋不之知而非荀子者、亦爲其不知禮故也。且下章曰、君使臣以禮、臣事君以忠。是臣之事君、不患其無禮、而患其不忠。勢之必至也。故孔子不言禮。以此觀之。予故知此章之言、孔子爲魯發焉。三家強而公室弱。人皆附三家而輕公室、習以爲常。故以孔子爲諂者有之。而孔子違俗而必盡其禮。亦所以張公室抑三家也)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十