>   論語   >   子罕第九   >   3

子罕第九 3 子曰麻冕禮也章

208(09-03)
子曰。麻冕禮也。今也純。儉。吾從衆。拜下禮也。今拜乎上。泰也。雖違衆。吾從下。
わく、べんれいなり。いまじゅんなるはけんなり。われしゅうしたがわん。しもはいするはれいなり。いまかみはいするは、たいなり。しゅうたがうといえども、われしもしたがわん。
現代語訳
  • 先生 ――「黒麻のかんむりが本式だ。いま絹にするのは、略式。わしもそれでいい。下でおじぎが本式だ。いま上にあがってするのは、思いあがり。みんなとはちがうが、わしは下でする。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「麻のかんむりをかぶるのが古礼だが、今では絹糸の冠をかぶる風習になった。これは節約のためだ。私はみんなのやり方に従おう。臣下は堂下で君主を拝するのが古礼だが、今では堂上で拝する風習になった。これは臣下の増長だ。私は、みんなのやり方とはちがうが、やはり堂下で拝することにしよう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 麻冕 … 麻で作ったかんむり。『集注』には「麻冕は、布冠なり」(麻冕、緇布冠也)とある。「緇」は赤黒い色。
  • 純 … 絹糸。『集注』には「純は、糸なり」(純、絲也)とある。「糸」は絹糸。
  • 倹 … 節約。『集注』には「倹は、省約を謂う」(儉、謂省約)とある。
  • 拝下礼也 … 臣下は堂下で君主を拝するのが本来のしきたり、古礼だ。
  • 今拝乎上 … 近頃は堂上で拝する風習になった。「乎」は「於」と同じ。
  • 泰 … 傲慢。驕慢。増長している。『集注』には「泰は、驕慢なり」(泰、驕慢也)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十