>   論語   >   郷党第十   >   5

論語 郷党第十 5

10-05 執圭。鞠躬如也。如不勝。上如揖。下如授。勃如戰色。足蹜蹜如有循。享禮有容色。私覿。愉愉如也。
けいれば、鞠躬如きくきゅうじょたり。えざるがごとし。ぐるにはゆうするがごとく、ぐることさずくるがごとし。勃如ぼつじょとして戦色せんしょくあり。あし蹜蹜しゅくしゅくとしてしたがるがごとし。享礼きょうれいには容色ようしょくり。私覿してきには愉愉ゆゆじょたり。
  • 圭 … 天子が領土を与えたしるしとして、諸侯に与える宝玉。聘礼へいれいの使者に、自国の君主から相手の君主に対する信任のしるしとして持たせたといわれる。新注には「圭は、諸侯の命圭なり」(圭、諸侯命圭)とある。
  • 鞠躬如 … 身をかがめて恐れつつしむさま。
  • 如不勝 … 圭が重くて、まるで持つに耐えられないかのようである。新注には「勝えざるが如しは、主の器を執るに、軽きを執るにえざるが如し。敬謹の至りなり」(如不勝、執主器、執輕如不克。敬謹之至也)とある。
  • 上如揖、下如授 … 圭を高く捧げ持つ時は揖の礼をする時の高さくらいにし、低く下げるときは人に物を授ける時の高さくらいにする。新注には「上ぐるには揖するが如く、下ぐること授くるが如しは、圭を執ること衡に平かにして、手とむねと斉しく、高きを揖するに過ぎず、卑しきも授くるに過ぎざるを謂うなり」(上如揖、下如授、謂執圭平衡、手與心齊、高不過揖、卑不過授也)とある。
  • 勃如 … ぱっと緊張した顔色になる。
  • 戦色 … 緊張のあまり恐れおののく顔色。新注には「戦色は、おののきて色おそるるなり」(戰色、戰而色懼也)とある。
  • 蹜蹜 … 歩幅が小さいこと。新注には「蹜蹜は、足を挙ぐるに促狭なり」(蹜蹜、舉足促狹也)とある。
  • 如有循 … すり足にして歩く。新注には「循う有るが如しは、記に所謂前を挙げ踵を曳く。行くに地を離れず、物に縁るが如きを言うなり」(如有循、記所謂舉前曳踵。言行不離地、如縁物也)とある。「記」は『礼記』。
  • 享礼 … 自国の君主から相手の君主へ贈り物を献上する儀式。新注には「享は、献なり。既に聘して享するに、圭璧を用い、庭実有り」(享、獻也。既聘而享、用圭璧、有庭實)とある。
  • 容色 … 緊張を解いて、ゆったりとした表情。新注には「容色有りは、和らぐなり。儀礼に曰く、気を発し容を満たす、と」(有容色、和也。儀禮曰、發氣滿容)とある。
  • 私覿 … 公式の享礼が終り、使者が自身の土産物を捧呈する私的な儀式。「覿」は人と面会する。まみえる。新注には「私覿は、私の礼を以てまみゆるなり」(私覿、以私禮見也)とある。
  • 愉愉如 … にこやかで、いかにも楽しそうなさま。新注には「愉愉は、則ち又た和らぐなり」(愉愉、則又和矣)とある。
  • 下村湖人(1884~1955)は「他国に使いし、けいを捧げてその君主にまみえられる時には、小腰をかがめて進まれ、圭の重さにたえられないかのような物腰になられる。圭を捧げられた手をいくらか上下されるが、上っても人にあいさつする程度、下っても人に物を授ける程度で、極めて適度である。その顔色は引きしまり、あたかも戦陣にのぞむかのようであり、足は小股に歩んで地に引きつけられているかのようである。贈物を捧げる礼にはなごやかな表情になられ、式が終って私的の礼となると、全くうちとけた態度になられる」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十