>   論語   >   述而第七   >   25

論語 述而第七 25

07-25 子曰。聖人吾不得而見之矣。得見君子者。斯可矣。子曰。善人吾不得而見之矣。得見有恒者斯可矣。亡而爲有。虚而爲盈。約而爲泰。難乎有恒矣。
いわく、聖人せいじんわれこれず。君子者くんししゃるをば、ここなり。いわく、善人ぜんにんわれこれず。つねものるをば、ここなり。くしてりとし、むなしくしててりとし、やくにしてたいなりとす。かたいかなつねること。
  • 聖人 … 完全無欠な道徳者。
  • 君子者 … すぐれた道徳者。「者」は接尾語。
  • 斯 … 「則」と同じ。「すなわち」と読んでもよい。
  • 可 … 満足である。
  • 子曰、善人 … 新注には「子曰の字、疑うらくは衍文えんぶんならん」(子曰字、疑衍文)とあり、「善人の上の子曰の字は、たぶん誤って入ったものであろう」といっている。
  • 善人 … 善良な人。いい人。
  • 有恒者 … 情緒の安定した人。心変わりしない人。『孟子』の恒心ある人。故事成語「恒産なき者は恒心なし」参照。
  • 亡而為有 … ありもしないのに、ありそうに見せる。「亡」は「無」と読む。新注には「亡は、読みて無と為す」(亡、讀爲無)とある。
  • 虚而為盈 … からっぽなのに、充実しているように見せる。
  • 約而為泰 … 困っているのに、余裕があるように見せる。
  • 難乎有恒矣 … 「有恒難乎矣」の倒置文。難しいね、心変わりしないということは。
  • 宮崎市定は「子曰く、超人的な存在たる聖人に私がお目にかかれないのは現今の時勢としてはやむをえまい。せめて私は教養を十分にそなえた文化人である君子に是非会ってみたいと思っている。また別の時に孔子が言った。底ぬけの正直者の善人には到底お目に掛れそうもないのは是非もないが、せめて責任感の強い人に会えたら満足に思う。実体のないものを有るとごまかし、内容の空虚なものをいっぱいあるとだまし、貧弱なものを豊富なように見せかける人に、責任のとれたためしはない」と訳している(論語の新研究)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。いまの時代に聖人の出現はとうていのぞめないので、せめて君子といわれるほどの人に会えたら、私は満足だ。またいわれた。いまの時代に善人に会える見込はとうていないので、せめてうそのない人にでも会えたら、結構だと思うのだが、それもなかなかむずかしい。無いものをあるように、からっぽなものを充実しているように、また行きづまっていながら気楽そうに見せかけるのが、このころのはやりだが、そういう人がうそのない人間になるのは、容易なことではないね」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十