>   論語   >   述而第七   >   24

述而第七 24 子以四教章

171(07-24)
子以四教。文行忠信。
もっおしう。ぶんこうちゅうしん
現代語訳
  • 先生の教え四すじ ―― 学問、行動、まごころ、信用。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様の教授要目は結局四つであった。まず古典の講義と徳行による垂範すいはん、しかしてその中心徳目とくもくは忠と信とである。(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師は四つの教育要目を立てて指導された。典籍の研究、生活体験、誠意の涵養、社会的信義がそれである。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 四 … 四つの事柄。
  • 文 … 学問。詩・書・礼・楽を指す。
  • 行 … 実行。実践。
  • 忠 … 誠実。まごころを尽くすこと。
  • 信 … 信義。人を欺かない信頼できる態度。
余説
  • 『集解』には「四者に形質有り、挙げて以て教うべし」(四者有形質、可舉以教)とある。
  • 『集注』に引く程の注には「人を教うるに文を学び行をおさめて忠信を存するを以てするなり。忠信は本なり」(教人以學文脩行而存忠信也。忠信、本也)とある。
  • 伊藤仁斎は「論に曰わく、四教は忠信を以て帰宿の地と為す。即ち忠信を主とするの意なり。蓋し忠信に非ざれば、則ち道以て明なること無く、徳以て成ること無し。礼は忠信の推にして、敬は忠信の発なり。乃ち人道の立つ所以にして、万事の成る所以なり。凡そ学者は忠信を以て主と為さざるべからざるなり。而るに後の諸儒、別に各〻宗旨を立て、以て学問の主意と為る者は何ぞや」(論曰、四教以忠信爲歸宿之地。即主忠信之意。蓋非忠信、則道無以明矣、德無以成矣。禮者忠信之推、敬者忠信之發。乃人道之所以立、而萬事之所以成也。凡學者不可不以忠信爲主也。而後之諸儒、別各立宗旨、以爲學問之主意者何哉)と言っている。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「文・行・忠・信は、是れ孔門の四科しか。文は文学、行は徳行、忠は政事を謂い、信は言語を謂う。政事にして忠と曰い、言語にしては信と曰う、其の物なり。しゃぶつのごとし、いにしえこれ有り。旧註は古言を識らず、程子の忠信を本と為すがごときは、亦た唯だ三つのみ。邢昺けいへいのごときも、亦た唯だ文・行のみ。凡そ政事はみな人の為に謀る者なり。故に忠を貴ぶ。善く言いて信ならずんば、亦た何ぞ貴ばんや。是れ忠・信を二科と為す所以なり」(文行忠信。是孔門四科。文文學。行德行。忠謂政事。信謂言語。政事而曰忠。言語而曰信。其物也。如射五物。古有之。舊註不識古言。如程子忠信爲本。亦唯三耳。如邢昺。亦唯文行耳。凡政事皆爲人謀者。故貴忠。善言而不信。亦何貴乎。是所以忠信爲二科也)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十