>   論語   >   子路第十三   >   29

子路第十三 29 子曰善人教民七年章

331(13-29)
子曰。善人教民七年。亦可以即戎矣。
わく、善人ぜんにんたみおしうること七年しちねんならば、もっじゅうかしむし。
  • 善人 … 善良な人。いい人。「述而第七25」の善人と同じ。
  • 教民 … 人民を教化指導する。軍事訓練を施す。『集注』には「民を教うるとは、之に孝悌忠信の行、農を務め武を講ずるの法を教う」(教民者、教之孝悌忠信之行、務農講武之法)とある。
  • 七年 … 久しいことをいう。荻生徂徠は「七年は其の久しきを言うなり。善人たみを教うと雖も、久しきに非ざれば則ち以てじゅうかしむ可からざるなり」(七年言其久也。雖善人教民。非久則不可以即戎也)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また、『集注』に引く程の注として「七年と云うは、聖人其の時の可を度る」(七年云者、聖人度其時可矣)とある。
  • 戎 … 戦争。『集解』に引く包咸ほうかんの注として「戎は、兵なり」(戎、兵也)とある。「兵」は軍事の意。
  • 即 … 就く。従事させる。『集解』に引く包咸ほうかんの注として「即は、就なり」(即、就也)とある。
  • 穂積重遠しげとお(1883~1951)は「孔子様がおっしゃるよう、有徳ゆうとくの君子が人民を七年も教化訓練したならば、はじめて戦争に使い得るだろう」と訳している(新訳論語)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。有徳の人が人民を教化して七年になったら、はじめて戦争に使ってもよいようになるだろう」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十