>   論語   >   衛霊公第十五   >   23

衛霊公第十五 23 子貢問曰有一言而可以終身行之者乎章

402(15-23)
子貢問曰。有一言而可以終身行之者乎。子曰。其恕乎。己所不欲。勿施於人。
こういていわく、一言いちげんにしてもっしゅうしんこれおこなうべきものりや。いわく、じょか。おのれほっせざるところは、ひとほどこすことなかれ。
現代語訳
  • 子貢がきく、「ただひとことで一生守れることがありますか。」先生 ――「まず思いやりだな。自分のいやなことは、人にもしむけるな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子貢がたずねた。――
    「ただ一言で生涯の行為を律すべき言葉がございましょうか」
    先師がこたえられた。――
    「それはじょだろうかな。自分にされたくないことを人に対して行なわない、というのがそれだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子貢 … 前520~前446。姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 一言 … ひとこと。
  • 可以 … ~する値打ちがある。
  • 終身 … 一生。
  • 之 … 直接指すものはない。
  • 者 … ことば。
  • 乎 … 疑問(質問)の意を表す。「有りや」または「有るか」と読む。
  • 其恕乎 … 「其~乎」は感嘆を伴った強い推断の言い方。「まあ~だろうよ」と訳す。「恕」は思いやり。
  • 己所不欲 … 自分がいやだと思うこと。
  • 勿施於人 … 他人に対してしてはならない。「勿れ」は禁止の意を表す。「…してはいけない」「…するな」の意。
補説
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十