>   故事成語   >   あ行   >   魚を得て筌を忘る

魚を得て筌を忘る

うおうえわす
  • 出典:『荘子』外物
  • 解釈:目的の魚をとってしまえば、魚とりの道具である筌のことを忘れてしまう。目的を達してしまうと、役立ったものの功を忘れてしまう。
筌者所以在魚、得魚而忘筌
せんうお所以ゆえんなるも、うおうえわする。
  • 筌 … 細い竹を編んで作った魚を捕らえる道具。
蹄者所以在兎、得兔而忘蹄。
ていうさぎ所以ゆえんなるも、うさぎていわする。
  • 蹄 … うさぎを捕らえるわなの一種。
言者所以在意、得意而忘言。
げん所以ゆえんなるも、げんわする。
吾安得夫忘言之人、而與之言哉。
われいずくにか忘言ぼうげんひとて、これともわんや。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ