>   故事成語   >   た行   >   桃李もの言わざれど下自ら蹊を成す

桃李もの言わざれど下自ら蹊を成す

桃李とうりものわざれどしたおのずかけい
  • 出典:『史記』李将軍伝賛
  • 解釈:桃やすももは何も言わないが、実がおいしいので人が集まり、その下には自然に道ができる。りっぱな人のもとにも自然と人が慕い集まることのたとえ。
余睹李將軍悛悛如鄙人、口不能道辭。及死之日、天下知與不知、皆爲盡哀。彼其忠實心誠信於士大夫也。諺曰、桃李不言、下自成蹊
李将軍りしょうぐんるに悛悛しゅんしゅんとして鄙人ひじんごとく、くち道辞どうじすることあたわず。するのおよび、天下てんかるとらざると、ためかなしみをくす。忠実ちゅうじつこころまこと士大夫したいふしんぜらるるなり。ことわざいわく、桃李とうりものいわざれども、したおのずかこみちす、と。
  • 李将軍 … 前漢の武将、李広。?~前119。ウィキペディア【李広】参照。
  • 睹 … 見る。
  • 悛悛 … 慎重で重厚な様子。
  • 鄙人 … いなか者。
  • 道辞 … ことばを言う。
  • 誠 … 確かに。
  • 蹊 … 小道。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ