>   故事成語   >   ら行・わ   >   両雄並び立たず

両雄並び立たず

両雄りょうゆうならたず
  • 出典:『史記』酈生れきせい
  • 解釈:二人の英雄は、必ず争ってどちらかが倒れるものである。
兩雄不倶立。楚漢久相持不決、百姓騷動、海内搖蕩、農夫釋耒、工女下機、天下之心未有所定也。
両雄りょうゆうともにはたず。かんひさしくあいしてけっせず、百姓ひゃくせい騒動そうどうし、海内かいだい 揺蕩ようとうし、農夫のうふすきて、工女こうじょはたくだり、天下てんかこころいまさだまるところらざるなり。
  • 百姓 … 人民。
  • 海内 … 国内。
  • 揺蕩 … 動揺。
  • 釈 … 捨に同じ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ