>   故事成語   >   か行   >   臥薪嘗胆

臥薪嘗胆

臥薪がしん嘗胆しょうたん
  • 出典:『十八史略』春秋戦国・呉、『史記』越王句践世家(嘗胆のみ)
  • 解釈:目的達成のために努力し、苦しい試練を自分に課すること。
〔十八史略、春秋戦国、呉〕
壽夢後、四君而至闔廬。擧伍員謀國事。員、字子胥、楚人伍奢之子。奢、誅而奔呉、以呉兵入郢。呉伐越。闔廬傷而死。子夫差立。子胥復事之。夫差志復讎。朝夕臥薪中、出入使人呼曰、夫差、而忘越人之殺而父邪。
寿夢じゅぼうのち四君しくんにして闔廬こうりょいたる。伍員ごうんげて国事こくじはかる。うんあざな子胥ししょ楚人そひと伍奢ごしゃなり。しゃちゅうせられてはしり、へいもっえいに入る。えつつ。闔廬こうりょきずつきてす。夫差ふさつ。子胥ししょこれつかう。夫差ふさあだふくせんとこころざす。朝夕ちょうせき薪中しんちゅうし、出入しゅつにゅうするにひとをしてばしめていわく、夫差ふさなんじ越人えつひとなんじちちころししをわすれたるか、と。
  • 寿夢 … 人名。呉のひと。
  • 闔廬 … 呉の王。夫差の父。闔閭とも書く。
  • 伍員 … 呉の謀臣、伍子胥。名は員(うん)、子胥は字。
  • 夫差 … 呉の王。呉王闔廬の子。
周敬王二十六年、夫差敗越于夫椒。越王句踐、以餘兵棲會稽山、請爲臣妻爲妾。子胥言、不可。太宰伯嚭受越賂、説夫差赦越。句踐反國、懸膽於坐臥、即仰膽嘗之曰、女忘會稽之恥邪。擧國政屬大夫種、而與范蠡治兵、事謀呉。
しゅう敬王けいおう二十六年にじゅうろくねん夫差ふさえつ夫椒ふしょうやぶる。越王えつおう句践こうせん余兵よへいもっ会稽山かいけいざんみ、しんつましょうらんとう。子胥ししょう、不可ふかなり、と。太宰たいさい伯嚭はくひえつまいないけ、夫差ふさいてえつゆるさしむ。句践こうせんくにかえり、きも坐臥ざがけ、すなわちきもあおこれめていわく、なんじ会稽かいけいはじわすれたるか、と。国政こくせいげて大夫たいふしょうぞくし、しかして范蠡はんれいへいおさめ、はかることをこととす。
  • 句践 … 越の王。勾践とも。
  • 伯嚭 … 楚の大臣。呉王の夫差に仕えて、忠臣伍子胥を無実の罪におとしいれた。
  • 種 … 大夫の種。姓は文、名は種。
  • 范蠡 … 越王勾践に仕えた功臣。字は少伯。
〔史記、越王句践世家〕
句踐之困會稽也、喟然嘆曰、吾終於此乎。種曰、湯繫夏臺、文王囚羑里、晉重耳犇翟、齊小白犇莒。其卒王霸。由是觀之、何遽不爲福乎。
句践こうせん会稽かいけいくるしむや、喟然きぜんとしてたんじていわく、われここおわらんか、と。しょういわく、とう夏台かだいつながれ、文王ぶんおう羑里ゆうりとらわれ、しん重耳ちょうじてきはしり、せい小白しょうはくきょはしる。そのおわり王覇おうはたりき。これりてこれれば、なんにわかにさいわいらざらんや、と。
  • 会稽 … 会稽山。越王勾践は呉王夫差にここで敗れた。
  • 喟然 … 嘆息をつくさま。
  • 湯 … 殷の湯王。
  • 夏台 … 桀王が殷の湯王を捕らえて入れた牢屋の名。
  • 文王 … 周の文王。武王の父。
  • 重耳 … 晋の君主、文公。
  • 小白 … 斉の君主、桓公。
  • 王覇 … 天下を統一する君主。
呉既赦越、越王句踐反國。乃苦身焦思、置膽於坐、坐臥即仰膽。飮食亦嘗膽也。曰、女忘會稽之恥邪。
すでえつゆるし、越王えつおう句践こうせんくにかえる。すなわくるしめおもいをがし、きもき、坐臥ざがするにすなわきもあおぐ。飲食いんしょくにもきもむ。いわく、なんじ会稽かいけいはじわすれたるか、と。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ