>   漢詩   >   歴代詩選:晋   >   雑詩十二首 其一(陶潜)

雑詩十二首 其一(陶潜)

雜詩十二首 其一
ざっじゅうしゅ いち
とうせん
  • 〔出典〕 『先秦漢魏晋南北朝詩』晋詩巻十七、『古詩源』巻九 晋詩、『陶淵明集』巻四、『古文真宝』前集 巻二、他
  • 五言古詩。塵・身・親・鄰・晨・人(平声真韻)。
  • ウィキソース「雜詩 (陶淵明)」参照。
  • 雑詩 … 作者が感じたことを気ままにんだ無題詩のこと。
  • この詩で作者は、人生は無常であるので楽しめる時には大いに楽しむべきである、と説いている。
  • 陶潜 … 365~427。東晋末の詩人。潯陽じんよう(江西省九江市)の人。名はせんあざな淵明えんめい、一説にはげんりょうともいわれる。りゅう先生と号した。後世の人々から靖節せいせつ先生というおくりなを賜った。四十一歳のとき、彭沢ほうたく県の県令となったが八十日で辞任し、「帰去来の辞」を作って帰郷した。以後はしゅっすることなく、隠逸詩人として田園生活を送った。その詩は唐代になって多くの詩人に多大な影響を与えた。ウィキペディア【陶淵明】参照。
人生無根蔕
人生じんせい 根蔕こんてい
  • 根蔕 … 「こんたい」と読んでもよい。草木の根元と果実のへた。転じて、物事の拠り所。物事のしっかりとした土台。
飄如陌上塵
ひょうとしてはくじょうちりごと
  • 飄 … 風に舞いあがる形容。風に吹き飛ばされる形容。
  • 陌上塵 … 路上のちり。「陌」は街路。道。
分散逐風轉
分散ぶんさんしてかぜいててん
  • 分散 … 分かれ散ること。
  • 逐風転 … 風の吹くままに転がってゆく。
此已非常身
すでつねあら
  • 此 … この身。
  • 已 … もはや。もう。
  • 常身 … 一定不変の身。永遠に変わらない身体。
落地爲兄弟
ちて兄弟けいてい
  • 落地 … この地上に生まれ落ちて。
  • 為兄弟 … みな兄弟となったようなものである。『論語』顔淵第十二5の「かいうちみな兄弟けいていなり」(四海之内、皆兄弟也)とあるのに基づく。
何必骨肉親
なんかならずしも骨肉こつにくしんのみならんや
  • 何必 … 「なんぞかならずしも~ん(や)」と読み、「どうして~である必要があろうか、いやないのだ」と訳す。反語。
  • 骨肉親 … 血を分け合った人々。肉親。身内。親戚。
得歡當作樂
かんてはまさたのしみをすべし
  • 得歓 … 楽しいことがあったら。愉快なことがあれば。
  • 当作楽 … 心ゆくまで楽しむべきである。
斗酒聚比鄰
しゅ りんあつ
  • 斗酒 … 一斗(日本の一升くらい)の酒。わずかな酒をいう。
  • 比隣 … 隣り近所。近所の人々。「鄰」は「隣」の異体字。
  • 聚 … 集める。
盛年不重來
盛年せいねん かさねてきたらず
  • 盛年 … 若く元気盛んな時。壮年。
  • 不重来 … 二度とやって来ない。
一日難再晨
一日いちじつ ふたたあしたなりがた
  • 一日 … 一日に。一日のうちで。
  • 難再晨 … あさは二度やって来ない。「晨」はあさ
及時當勉勵
ときおよんでまさ勉励べんれいすべし
  • 及時 … よい時機を失わずに。よい時を逃さずに。しかるべき時に。
  • 勉励 … 努め励む。充実した時間を過ごす。
歲月不待人
歳月さいげつ ひとたず
  • 歳月 … 年月としつき。時の流れ。
  • 不待人 … 人を待ってはくれない。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行