>   論語   >   顔淵第十二   >   5

顔淵第十二 5 司馬牛憂曰章

283(12-05)
司馬牛憂曰。人皆有兄弟。我獨亡。子夏曰。商聞之矣。死生有命。富貴在天。君子敬而無失。與人恭而有禮。四海之内。皆兄弟也。君子何患乎無兄弟也。
司馬しばぎゅううれえていわく、ひとみな兄弟けいていり、われひとし。子夏しかいわく、しょうこれく。せいめいり。ふうてんり。くんけいしてうしなく、ひとまじわるにうやうやしくしてれいらば、かいうちみな兄弟けいていなり。くんなん兄弟けいていきをうれえんや。
現代語訳
  • 司馬牛がふさぎこんで ―― 「みんな兄や弟があるのに、ぼくだけないんだ。」子夏 ―― 「ぼくはきいている、『いのちは運命、さかえは天命』だと。人はつつしみぶかくて落ちどがなく、おとなしくして礼儀を守れば、渡る世間がみなきょうだいだ。人間なにも兄や弟のひけめはいらぬよ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 司馬牛が沈んだ顔をして子夏にいった。――
    「誰にも兄弟があるのに、私だけにはない」
    すると、子夏が慰めていった。――
    「死生や富貴は天命だときいているが、兄弟に縁のうすいのも、やはり天命だろう。おたがいに道に志して、心につつしみを持ちつづけ、礼をもって社会生活の調和を保っていくならば、四海のいたるところに兄弟は見出せるではないか。道に志す者がなんで肉親の兄弟に縁のうすいのをくよくよ思う必要があろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 司馬牛 … 孔子の弟子。姓は司馬。名はこうまたはあざな子牛しぎゅう。かつて孔子を殺そうとした桓魋かんたいの弟。「述而第七22」参照。
  • 憂曰 … 兄の桓魋かんたいのことで悩んでいた。
  • 我独亡 … わたくしには兄弟がないのも同然だ。「亡」は「無」に同じ。
  • 子夏 … 前507?~前420?。姓はぼく、名は商、あざなは子夏。衛の人。孔子より四十四歳年少。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子游とともに文章・学問に優れていた。ウィキペディア【子夏】参照。
  • 商聞之矣 … 「商」は子夏の名。「之」は次の「死生有命。富貴在天」を指す。「」は文末・句末におかれて、訓読しない。
  • 死生有命。富貴在天 … 死ぬも生きるも、富むも貴きも、すべて天命によるもので、人力ではどうにもならない。(君の兄が悪人であっても、どうにもならないことだ。)
  • 敬而無失 … 言行を慎んで過失のないようにする。
  • 与人 … 人と交わるにあたって。「与」は「~と」と読んでもよい。
  • 恭 … ていねいで慎み深いさま。
  • 有礼 … 礼儀正しくする。
  • 四海之内 … 世界中。
  • 皆兄弟也 … みな兄弟のようなものである。
  • 何患乎無兄弟也 … どうして兄弟のないことを心配し、気にかける必要があろうか。(心配することはない。) 「何~也」は「なんぞ~や」と読み、「どうして~することがあろうか。(いや~することはない。)」と訳す。反語の形。「患」は心配する。「乎」は置字。訓読しない。
補説
  • 皆兄弟也 … 『義疏』では「皆為兄弟也」に作る。
  • 子夏 … 『孔子家語』七十二弟子解に「卜商は衛人えいひとあざなは子夏。孔子よりわかきこと四十四歳。詩を習い、能く其の義に通ず。文学を以て名を著す。人と為り性弘からず。好みて精微を論ず。じん以て之にくわうる無し。嘗て衛に返り、史志を読る者を見る。云う、晋の師、秦を伐つ。さん河を渡る、と。子夏曰く、非なり。がいのみ。史志を読む者、これを晋の史に問う。果たして己亥と曰う。是に於いて衛、子夏を以て聖と為す。孔子しゅっして後、西河のほとりに教う。魏の文侯、之に師事して国政をはかる」(卜商衞人、字子夏。少孔子四十四歳。習於詩、能通其義。以文學著名。爲人性不弘。好論精微。時人無以尚之。嘗返衞見讀史志者。云、晉師伐秦。三豕渡河。子夏曰、非也。己亥耳。讀史志者、問諸晉史。果曰己亥。於是衞以子夏爲聖。孔子卒後、教於西河之上。魏文侯師事之、而諮國政焉)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「卜商あざなは子夏。孔子よりわかきこと四十四歳」(卜商字子夏。少孔子四十四歳)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十