>   漢詩   >   歴代詩選:晋   >   飲酒二十首 其五(陶潜)

飲酒二十首 其五(陶潜)

飮酒二十首 其五
飲酒いんしゅじっしゅ
とうせん
  • 〔出典〕 『先秦漢魏晋南北朝詩』晋詩巻十七、『文選』巻三十、『古詩源』巻九 晋詩、『古詩賞析』巻十三 晋詩、『陶淵明集』巻三、『古文真宝』前集 巻二、他
  • 五言古詩。喧・言(平声元韻)、偏(平声先韻)、山・還(平声刪韻)通押。
  • ウィキソース「飲酒二十首」参照。
  • 飲酒 … 『文選』『古文真宝』前集では「雑詩二首 其一」に作る。
  • この詩は、人の住む村里に身を置きながらも、自然と一体になった隠者暮らしができる、という作者の境地を詠んだもの。
  • 陶潜 … 365~427。東晋末の詩人。潯陽じんよう(江西省九江市)の人。名はせんあざな淵明えんめい、一説にはげんりょうともいわれる。りゅう先生と号した。後世の人々から靖節せいせつ先生というおくりなを賜った。四十一歳のとき、彭沢ほうたく県の県令となったが八十日で辞任し、「帰去来の辞」を作って帰郷した。以後はしゅっすることなく、隠逸詩人として田園生活を送った。その詩は唐代になって多くの詩人に多大な影響を与えた。ウィキペディア【陶淵明】参照。
結廬在人境
いおりむすびてじんきょう
  • 結廬 … 粗末な家を構える。「廬」は粗末な家。
  • 人境 … 世俗の人の住んでいる所。人里。村里。隠者が住む山林でないことをいう。
而無車馬喧
しかしゃかまびすしき
  • 而 … 「しかも」「しかるに」「しかれども」と読み、「しかし」「~ではあるが」「それなのに」「~であっても」と訳す。逆接の意を示す。なお、「しかして」「しこうして」と読む場合は並列や順接の意を示す。
  • 車馬 … 馬に引かせる乗用の車のこと。当時は官吏専用の乗物なので、ここでは訪れる役人の車馬を指す。役人が作者にしゅっを促しに来たと思われる。
  • 喧 … 騒がしさ。やかましさ。喧騒。
  • 無車馬喧 … 役人の車馬の来訪する騒がしさもなく、心静かに暮らしている。
問君何能爾
きみう なんしかると
  • 問君 … 自問自答の形式。もしも人が~と私に問えば。「君」は作者自身を指す。
  • 何能爾 … どうしてそのような状態でいられるのか。
  • 何能 … どうして~できるのか。
  • 爾 … そのように。「然」と同じ。「爾」は第一・二句を指す。俗世間の中で暮らしながら、心静かな心境でいること。
心遠地自偏
こころとおければ  おのずからへんなり
  • 心遠 … 私の心は俗世間を遠く離れている。
  • 地 … 住む土地。
  • 自 … 自然に。
  • 偏 … へんな所。心が俗世間を遠く離れているため、人里に住んでいても、あたかも人里を離れた辺鄙な所にいるようであるということ。
采菊東籬下
きくる とうもと
  • 采 … み取る。「採」と同じ。
  • 東籬 … 東側の垣根。東側の生け垣。「籬」は柴や竹を編んだ垣根。
  • 下 … ~の所で。そばで。あたりで。
悠然見南山
悠然ゆうぜんとして南山なんざん
  • 悠然 … 「作者の心がゆったりとしている。ゆったりとした気持ちで」と解釈する説、「南山の様子がゆったりとしている」と解釈する説、「作者から南山までが遥か遠いさまである」と解釈する説とに分かれる。
  • 南山 … 南方にある山。江西省九江市の南方にあるざんを指す。ウィキペディア【廬山】参照。
  • 見 … 『文選』では「望」に作る。
山氣日夕佳
さん 日夕にっせき
  • 山気 … 山の気配。山の景色。山のたたずまい。山中の空気。山にたちこめる霧・もや
  • 日夕 … 夕暮れ。
  • 佳 … 素晴らしい。美しい。立派だ。
飛鳥相與還
ちょう あいともかえ
  • 飛鳥 … 飛ぶ鳥。
  • 相与 … お互いに連れだって。
  • 還 … (ねぐらへと)帰ってゆく。
此中有眞意
うちしん
  • 此中 … この何気ない風景の中にこそ。「此」は第五句から八句までを指す(諸説あり)。
  • 真意 … 自然と一体になって悠然と生きてゆくという、人間としての本来の姿。人間としての真の在り方。なお、「自然の真理。自然の妙趣。自然の真実さ」という解釈もある。
欲辨已忘言
べんぜんとほっしてすでげんわす
  • 欲弁 … (真意について)言葉で説明しようとすると。
  • 已 … 「すでに」と読み、「もはや」「もう」「早くも」と訳す。
  • 忘言 … 言葉を忘れてしまった。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行