>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   和李秀才辺庭四時怨二首 其一(盧弼)

和李秀才辺庭四時怨二首 其一(盧弼)

和李秀才辺庭四時怨二首 其一
李秀才りしゅうさい辺庭へんてい四時しじえんす二首 其一
盧弼ろひつ
  • 七言絶句。黄・翔・郷(平声陽韻)。
  • 和李秀才辺庭四時怨二首 其一 … 『全唐詩』では「和李秀才辺庭四時怨四首 其三」に作る。
  • 盧弼 … 『全唐詩』では「盧汝弼ろじょひつ」に作る。
八月霜飛柳遍黄
八月はちがつ しもんであまねなり
  • 遍 … 『全唐詩』では「半」に作る。
蓬根吹斷雁南翔
蓬根ほうこんたれてかりみなみける
  • 蓬根 … よもぎの根。
隴頭流水關山月
隴頭ろうとうりゅうすい 関山かんざんつき
  • 隴頭 … 隴山のほとり。隴山は陝西せんせい省と甘粛省との境にある。昔から異民族との境界をなす山で、長安から西域へ行く通路。
  • 関山 … 関所のある山。
泣上龍堆望故郷
いて竜堆りょうたいのぼってきょうのぞ
  • 竜堆 … 白竜堆。現在の新疆ウイグル自治区の東部、ロブノール湖の東にある砂漠。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行