>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   夜発袁江寄李潁川劉侍郎(戴叔倫)

夜発袁江寄李潁川劉侍郎(戴叔倫)

夜發袁江寄李潁川劉侍郎
よる袁江えんこうはっし、潁川えいせんりゅうろう
たいしゅくりん
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻七、『全唐詩』巻二百七十四、『唐詩品彙』巻五十、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻十四(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『古今詩刪』巻二十二、寛保三年刊(『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、63頁)、『唐人万首絶句選』巻四、他
  • 七言絶句。郷・蒼・腸(平声陽韻)。
  • ウィキソース「夜發袁江寄李潁川劉侍御」参照。
  • 詩題… 『全唐詩』には「袁」の下に「一作烏、一作猿」とある。『全唐詩』『万首唐人絶句』『唐人万首絶句選』では「郎」を「御」に作る。『全唐詩』には題下に「ときこうりゅうへんせられてここり」(時二公留貶在此)との自注がある。この詩は『全唐詩』巻二百五十に皇甫冉の詩としても収録。ウィキソース「夜發沅江寄李潁川劉侍郎」参照。
  • 袁江 … 江西省の西端に位置する萍郷ひょうきょう市から東流し、しゅん市を経て贛江かんこうに入る川。皇甫冉の詩は沅江げんこうに作る。沅江であれば、湖南省の洞庭湖に注ぐ川になる。ウィキペディア【ゲン江】参照。また、『全唐詩』の校語にある烏江であれば、安徽省和県付近を流れる川を指す。
  • 発 … 出発する。
  • 李潁川・劉侍郎 … 潁川はかつて河南省にあった郡名。李はそこの刺史(長官)をしていたことのある李某と、侍郎(次官)の劉某。二人とも人物については不明。作者の自注から、二人とも江西の地に流されていたことがわかる。
  • 寄 … 詩を人に託して送り届けること。「贈」は、詩を直接手渡すこと。
  • この詩は、作者が夜中に袁江を出発して、舟の中から目に触れた景色を述べ、李・劉二人の友人に送り届けたもの。
  • 戴叔倫 … 732~789。中唐の詩人。あざな幼公ようこう潤州じゅんしゅう金壇きんだん(江蘇省金壇区)の人。若い時、しょうえいに師事した。撫州(江西省撫州市)刺吏・容管(広西チワン族自治区容県)経略使を歴任した。晩年は辞職して道士となったが、ほどなく死んだ。『戴叔倫詩集』二巻がある。ウィキペディア【戴叔倫】参照。
半夜囘舟入楚郷
はん ふねめぐらしてきょう
  • 半夜 … 夜半。夜中。
  • 回 … もと来た方へ返すこと。
  • 楚郷 … 楚の地。楚の国。
  • 楚 … 春秋・戦国時代の国。首都はえい(今の湖北省江陵県付近)。戦国七雄(秦・楚・斉・燕・趙・魏・韓)の一つ。江西省袁江の辺りも昔の楚の領域。ウィキペディア【楚 (春秋)】参照。
月明山水共蒼蒼
つきあきらかにして山水さんすいとも蒼蒼そうそうたり
  • 月明 … 月明かりのもとに。月が明るく照らしている中。
  • 山水 … 山も川も。
  • 蒼蒼 … 青黒いさま。謝朓の「しばら下都かと使つかいし、よる新林しんりんはっして、京邑けいゆういたり、西せいどうりょうおくる」(暫使下都夜發新林至京邑贈西府同僚)(『古詩源』巻十二 斉詩、『古詩紀』巻六十九)に「しゅうあけぼの耿耿こうこうたり、寒渚かんしょよる蒼蒼そうそうたり」(秋河曙耿耿、寒渚夜蒼蒼)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷069」参照。
孤猿更叫秋風裏
えん さらさけぶ しゅうふううち
  • 孤猿 … 群れを離れた一匹の猿。謝朓の「郡内ぐんない高斎こうさい閑望かんぼうりょ法曹ほうそうこたう」(郡内高齋閑望答呂法曹)(『古詩源』巻十二 斉詩、『古詩紀』巻六十九)に「でて衆鳥しゅうちょうさんじ、やまくらくしてえんうめく」(日出衆鳥散、山瞑孤猿吟)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷069」参照。
  • 更叫 … また悲しげに泣き叫ぶ。
  • 叫 … 『全唐詩』には「一作發」とある。『和刻本』では「呌」に作る。異体字。
  • 秋風裏 … 秋風の吹き渡る中で。
不是愁人亦斷腸
しゅうじんならずとも だんちょうせん
  • 不是愁人 … 心に愁いを抱いていない人でも。梁の簡文帝「夜夜曲」(『楽府詩集』巻七十六)に「しゅうじんよるひといたむ」(愁人夜獨傷)とある。ウィキソース「樂府詩集/076卷」参照。
  • 断腸 … はらわたのちぎれる思いがしよう。非常に悲しいさま。後漢の蔡琰さいえんの「胡笳十八拍」(『楽府詩集』巻五十九、『楚辞後語』巻三)の第五拍に「かりぶことたかく、はるかにしてたずがたし、むなしくはらわたちておも愔愔あんあんたり」(雁飛高兮邈難尋、空斷腸兮思愔愔)とある。ウィキソース「胡笳十八拍」「樂府詩集/059卷」「楚辭集注 (四庫全書本)/後語卷3」参照。また魏の文帝(曹丕)の「燕歌行」(『文選』巻二十七、『玉台新詠』巻九)に「群燕ぐんえんかえかりみなみかける、きみ客遊かくゆうおもうておもはらわたつ」(群燕辭歸雁南翔、念君客遊思斷腸)とある。ウィキソース「燕歌行 (曹丕)」参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行