>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   寄楊侍御郎(包何)

寄楊侍御郎(包何)

寄楊侍御楊侍御ようじぎょす)
包何ほうか     
  • 七言絶句。時・遺・絲(平声支韻)。
  • 寄楊侍御 … 『全唐詩』(巻208、包何)には、題下に「一作包佶詩」との注がある。『全唐詩』(巻205、包佶)には、題下に「一作包何詩」との注がある。
一官何幸得同時
一官いっかん なんさいわいか ときおなじうするをたる
十載無媒獨見遺
十載じっさい なかだちくしてひとのこさる
今日莫論腰下組
今日こんにち ろんずることけん 腰下ようか
  • 莫 … 『全唐詩』(巻205、巻208)では「不」に作る。
請君看取鬢邊絲
う きみ看取かんしゅせよ 鬢辺びんぺんいと
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行