>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   湘南即事(戴叔倫)

湘南即事(戴叔倫)

湘南即事しょうなんそく
たいしゅくりん     
  • 〔出典〕 『三体詩』、『全唐詩』、他
  • 七言絶句。衰・師・時(平声支韻)。
  • 『全唐詩』巻274所収。ウィキソース「湘南即事」参照。
  • 湘南 … 湘江(湘水)の南の地方。湘江は広西チワン族自治区に発して湖南省を北上し、しょうすいと合流して洞庭湖に注ぐ川。ウィキペディア【湘江】参照。
  • 即事 … 目の前の情景や事柄に即して、見たままに詠じたもの。
  • 戴叔倫 … 732~789。中唐の詩人。あざな幼公ようこう潤州じゅんしゅう金壇きんだん(江蘇省金壇区)の人。蕭穎士に師事。撫州刺吏・容管経略使を歴任した。晩年は道士となろうと辞職したが、ほどなく死んだ。ウィキペディア【戴叔倫】参照。
盧橘花開楓葉衰
きつ はなひらいて 楓葉ふうようおとろ
  • 盧橘 … 柑橘類の一種。金柑とも、びわとも言われており、諸説ある。
  • 楓葉 … 唐かえでの葉。『唐五十家詩集』では「飄葉ひょうよう」に作る。こちらは「ひらひらとひるがえる葉」という意味になる。
  • 衰 … 色褪せて散っていく。
出門何處望京師
もんでて いずれのところにか けいのぞまん
  • 何処 … 「いずれのところにか」と読む。場所を聞く疑問詞。「~する場所はどこにもない」という反語の意。
  • 京師 … 天子のいる都。長安のこと。京洛・京兆・京城・京都みな同じ。
沅湘日夜東流去
げんしょう にち ひがしなが
  • 沅湘 … 沅江(沅水)と湘江(湘水)。どちらも洞庭湖に注ぐ。
  • 日夜 … 昼も夜も。
  • 流 … 『全唐詩』には「一作歸」との注がある。
不爲愁人住少時
愁人しゅうじんためとどまること 少時しばらくもせず
  • 愁人 … 心にうれいを抱く人。作者自身を指す。
  • 住 … とどまる。やめる。「不住少時」で、川の流れがしばしの間もとどまることがない、という意味になる。
  • 少時 … 「しばし」とも読む。
余説
『徒然草』第二十一段に、この詩の転・結句が引用されている。
 月・花はさらなり、風のみこそ、人に心はつくめれ。岩に砕けて清く流るゝ水のけしきこそ、時をもわかずめでたけれ。「げんしやう、日夜ひんがしに流れ去る。愁人しうじんのために止まること少時しばらくもせず」といへる詩を見侍りしこそ、あはれなりしか。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行