>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   清平調詞三首 其一(李白)

清平調詞三首 其一(李白)

清平調詞三首 其一清平調詞せいへいちょうし三首 其一)
はく     
  • 七言絶句。容・濃・逢(平声冬韻)。
  • 清平調詞三首 其一 … 『唐詩三百首』では「清平調三首 其一」に作る。『花間集』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「清平調辭三首 其三」に作る。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
雲想衣裳花想容
くもには衣裳いしょうおもい はなにはかたちおも
春風拂檻露華濃
しゅんぷう かんはらって 露華ろかこまやかなり
若非羣玉山頭見
もし群玉山頭ぐんぎょくさんとうるにあらずんば
會向瑤臺月下逢
かなら瑶台月下ようだいげっかかってわん
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行