>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   清平調詞三首 其二(李白)

清平調詞三首 其二(李白)

清平調詞三首 其二
清平調詞せいへいちょうし三首 其二
はく
  • 七言絶句。香・腸・粧(平声陽韻)。
  • 清平調詞三首 其二 … 『唐詩三百首』では「清平調三首 其二」に作る。『花間集』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「清平調辭三首 其二」に作る。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
一枝濃艷露凝香
一枝いっし濃艶のうえん つゆ かおりをらす
  • 濃 … 『全唐詩』では「穠」に作り、「一作紅」とある。
雲雨巫山枉斷腸
雲雨うんう ざん むなしくだんちょう
借問漢宮誰得似
借問しゃもんす 漢宮かんきゅう たれるをたる
可憐飛燕倚新粧
可憐かれん飛燕ひえん 新粧しんしょう
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行