>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   杜少府之任蜀州(王勃)

杜少府之任蜀州(王勃)

杜少府之任蜀州
しょうにん蜀州しょくしゅう
王勃おうぼつ
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻三、『唐詩三百首』五言律詩、『全唐詩』巻五十六、『王子安集』巻三(『四部叢刊 初編集部』所収)、『王勃集』巻下(『前唐十二家詩』所収)、『王勃集』巻下(『唐五十家詩集』所収)、『王勃集』巻下、延享四年刊(『和刻本 漢詩集成 唐詩1』19頁所収、略称:和刻本)、『文苑英華』巻二百六十六、『唐詩品彙』巻五十六、『唐詩別裁集』巻九、他
  • 五言律詩。秦・津・人・鄰・巾(平声真韻)。
  • ウィキソース「杜少府之任蜀州」「王子安集 (四部叢刊本)/卷第三」参照。
  • 杜 … 姓。
  • 少府 … 官名。県尉(県の検察や警察を指揮する職)の敬称。
  • 蜀州 … 今の四川省。
  • 州 … 『全唐詩』には「一作川」とある。『文苑英華』では詩題を「送杜少府之任蜀州」に作り、「集作川」とある。
  • 之任 … 赴任する。
  • 王勃 … 649~676。初唐の詩人。こうしゅう竜門(山西省しん県)の人。あざなあん。王績の兄である王通(おうとう・おうつう、文中子)の孫。乾封元年(666)、ゆう(唐代の科挙の科目名)の挙に及第。朝散郎を授けられた。南海を舟で渡る途中、溺死した。初唐四傑(王勃・楊炯・盧照鄰・駱賓王)の一人に数えられる。『王子安集』十六巻がある。ウィキペディア【王勃】参照。
城闕輔三秦
じょうけつ 三秦さんしんとし
  • 城闕 … ここでは長安城。長安の宮殿。「城闕」の本来の意味は、物見台のある城門のこと。
  • 輔 … 助けられている。守られている。
  • 輔三 … 『全唐詩』には「一作俯西」とある。『文苑英華』には「集作俯西」とある。
  • 三秦 … 秦王朝滅亡後、かつての秦国を三つに分割して治めさせたところから出た言葉。秦の地方のこと。ここでは都をとりまく畿内の地。
風煙望五津
風煙ふうえん しんのぞ
  • 風煙 … 風に流れているかすみ。
  • 煙 … 『唐詩選』『唐詩品彙』では「烟」に作る。異体字。
  • 五津 … 四川省にある大江(揚子江の支流)の五つの渡し場。「津」は渡し場。
  • 望 … 遠望する。
與君離別意
きみべつ
  • 君 … 杜少府を指す。
  • 与 … 「と」と読み、「~と」と訳す。「A与B」の場合は、「AとB」と読む。「與」は「与」の旧字体。
  • 意 … 気持ち。
同是宦遊人
おなじくれ 宦遊かんゆうひと
  • 同 … 「ともに」と読んでもよい。『全唐詩』には「一作倶」とある。『文苑英華』には「集作倶」とある。
  • 宦遊人 … 故郷を離れて、任地を転々とする役人暮らしの人。
海内存知己
海内かいだい 知己ちきそんせば
  • 海内 … 四海の内。天下。広い世界。
  • 知己 … 自分を真に理解してくれる人。親友。
  • 己 … 『前唐十二家詩本』『唐五十家詩集本』『文苑英華』『唐詩品彙』では「巳」に作る。
  • 存 … いる。存在する。
天涯若比鄰
天涯てんがいりんごと
  • 天涯 … 空の果て。
  • 比鄰 … となり近所。
  • 鄰 … 『四部叢刊本』『前唐十二家詩本』『唐五十家詩集本』『文苑英華』『唐詩品彙』では「隣」に作る。「鄰」は異体字。
無爲在岐路
かれ 岐路きろりて
  • 無為 … 「けん」とも読む。やめようではないか。よそうじゃないか。
  • 岐路 … 分かれ道。ここでは別れ道。
兒女共沾巾
じょともきんうるおすを
  • 児女 … 女子供。
  • 児女共 … 従来は「児女とともに」と訓読し、「女子供のように」と訳してきた。松浦友久は、「共」を「~と同じように」と訳すのは困難であるといい、また「児女」は「如・若・像」の類を省いたまま副詞として使われていると指摘している。そして「児女共」は「児女のごとく共に」と訓読し、「児女のように(君と私とが)共に」と訳すのが妥当であると言っている。松浦友久編『校注 唐詩解釈辞典』(大修館書店)115頁参照。
  • 巾 … ハンカチ。
  • 沾 … ぬらす。『全唐詩』『四部叢刊本』『前唐十二家詩本』『唐五十家詩集本』『和刻本』『文苑英華』『唐詩品彙』『唐詩別裁集』では「霑」に作る。同義。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行